FC2ブログ
千葉県佐倉市 光の子保育園のブログです
ドラム=太鼓、太鼓缶(違和缶
2018年10月10日 (水) | 編集 |
暑さも少し収まり、天気予報では「肌寒い一日」という言葉が出るように
なってまいりました。確かに連日猛暑(35℃以上)だった時期から比べると
20℃前後となったら肌寒く感じても仕方ないかなと思いますね(;・ω・)

そんな秋を感じる今日この頃、先日6日に行われた光の子大運動会に
ご参加いただきました皆様へこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

運動会も近づき、練習に力を入れようとしている最中に発生した連続台風の為に
子ども達に伸び伸びと外で練習させてあげることが出来ずにやきもきする毎日。
ですが本番の週に入り天気も若干回復してきたようで、晴れ間を狙って
上座公園へ出かけ、広い場所で遊戯、競技、小学校の校庭をお借りして
リレー、ダンスの練習等を行うことが出来ました。

本番当日も、前日から雨が疑われていたところでしたが、10月としては暑すぎて
日焼けしてしまうくらいの素晴らしい天気に恵まれ、無事運動会を行うことが
出来ました。

保護者の方にも、運動会後に

「素晴らしい運動会でした。良いものを作って下さってありがとうございました」

とお褒めの言葉を頂き、職員としてこれほど嬉しいことはありません。
平成最後の大運動会、その様子は後日記事で書かせていただきます。
まずは取り急ぎ御礼申し上げます。



さて、本日は6月9日に行われた光の子フェスティバル! ・・・の模擬や、
フェスティバルに向けての準備の様子を書きたいと思います。



え?本番じゃなくて模擬なの? と思った皆様。 答えはCM(記事)の後で。


( ω)و ̑̑ <がんばるぞ!がんばるぞ!えいえいおー!(抱負

------------------------------------------------------------------

事前練習風景



~ お花屋さん ~

5月下旬、ピンクさん達は在園児のご両親が経営されている
西ユーカリが丘にあるお花屋さんへお伺いしてきました(・ω・)

2018fes_hana001.jpg 2018fes_hana002.jpg

黄色、青、紫、白、赤。色とりどりの花に囲まれ、雰囲気も素晴らしいお花屋さん。
こちらにお伺いしたのは、フェスティバルで販売する花に関して
花をどう扱い、どうやって(綺麗に)包み、どう接客をするか等々、必要なことを
色々勉強させていただきました。
お忙しい中、子どもたちの訪問を受け入れて下さった事、心から感謝申し上げます。

日付は変わって6月上旬。
同じくお花屋さんに並べる多肉植物の準備や、当日並べるお花の練習。

2018fes_hana003.jpg 2018fes_hana004.jpg

中ではさちこ先生による花育さながらのお勉強。
お父様に教えていただいたことを活かしながら、一本一本丁寧に
お花の準備をしていきます( ・ω)っせっせせっせ

外では多肉植物を落ちないように石の上に飾り付けの作業。
土を下に敷くとはいえ、うまく乗せないとすぐポロッと落ちちゃうような
簡単そうで難しい作業を子どもたちは集中して作り上げていきます。

2018fes_hana005.jpg 2018fes_hana006.jpg

上手く作れてニッコリポーズで記念撮影(*´∀`*)



~ お菓子(ケーキ)屋さん ~

先日の餃子屋さんに引き続き、きいろさん達がお伺いしたのは
同じく在園児のご両親が経営されている、臼井にあるケーキ屋さんへ
お伺いしてきました(`・ω・´)

2018fes_kashi000.jpg

実際のお仕事風景を見学させていただき、美味しいお菓子(ケーキ)の作り方等、
色々お勉強させていただきました。
こちらもお忙しい中、子どもたちの為にお時間を割いて頂きありがとうございました!

そしていざ保育園へ戻ろうとした時、お父様から素晴らしいプレゼントが。

2018fes_kashi002.jpg 2018fes_kashi003.jpg

なんと、子どもたちの名前入りビスケットが!!
ハリネズミ(かな?)の形に作られていて、とても可愛らしい(*´∀`*)イイナァー
こちらで学んだ知識は数日後

2018fes_kashi004.jpg

真剣な眼差しで取り組む姿に活かされていたようです>w<
おいしくな~れっ おいしくな~れっ♪



~ 劇 ~

先日の撮影で行った絵本の劇を、本番に向けてさらに練習。

2018fes_geki001.jpg 2018fes_geki002.jpg

元劇団員の監督(園長先生)による檄が飛んでましたね。劇だけに( *´艸`)ププッ



(・ω・)・・・・・・・・・。 

‎( ˘•ω•˘ ) ・・・・・・・?



保護者の皆様に見せる劇は撮影とは違う為、園長先生の指導も熱が入り
子ども達もそれに応えようと精一杯声を上げて進めていました。



~ コンサート ~

他の出し物と並行して行っていたのが、コンサートの練習。

2018fes_con001.jpg 2018fes_con002.jpg

みんなポンポンを持って楽しそうに練習中。
練習風景は見たものの、完成形がどんなものまでかは見ていない私(遠い目
どんな出し物が出来たのかな?(・ω・)きっと素晴らしい物が出来たはず!



~ 電車屋さん ~


お遊戯室で見かけたのは、大きな円柱状のものを転がす子ども達。
丁度電車屋さんの練習をしていたようなので、見学させてもらいました。

2018fes_den001.jpg 2018fes_den002.jpg

練習とはいえ、他の子どもを乗せてゴロゴロ転がして楽しそう(*´ω`*)
途中何度かブレーキ役で手伝ったりしている時に、子どもたちから

子ども達 「せんせーも乗るー?」

と、嬉しいお誘いを受けましたがやんわりと辞退。

.。0 (ごめんよ子ども達、乗ったらきっと、 確 実 に 酔 う 。) 

誘ってもらったのを断るのは心苦しかったです(´・ω・`)

2018fes_den003.jpg

転がすだけでなく、ちゃんと駅員さんとしての対応も練習。
「回し過ぎてお客さん役落とさないようにねー」と声をかけてその場を後にしました。


その後お客さん役落としてたのはご愛敬(*´∀`)


~ マッサージ屋さん ~


2018fes_mas001.jpg 2018fes_mas002.jpg

私 に も や っ て 。

おっと、ついストレートな本音が。
こんな・・・こんな可愛い子どもたちにマッサージなんてされたら
某ロボットと一緒に生活している小学生のように、おやすみ3秒で眠れますね。

見ているだけで気持ちよさそうなマッサージ。
モンテの先生が用意した本格的なマッサージ台を使って、お客さん役の先生を
一生懸命にモミモミ。いいなぁ・・・いいなぁ・・・やってもらえばよかったなぁ・・・(ため息



~ 虫図鑑 ~

虫捕りが好きな保育園の子どもたち。
その中でも「将来昆虫博士になったりして・・・!?」と思わせるくらいに
知識たっぷりの二人組。その二人の書いた虫の絵を絵本にして
出版しようかという働きにより、見事実現!

その絵本作者である二人の写真を、筆者は独自のルート(園のカメラです)から
入手することに成功した。その二人の姿がこれだ!!

2018fes_mushi001.jpg

ザ・虫捕り少年ズ!

あーーーーーーーーーーー、こういう素朴な感じ大好き!!!(壊
もう今から将来が楽しみで仕方ないです(*´∀`*)
どんな本が出来上がったかは、既にご購入された皆様のお手元の中に。


命名しておいてあれですが、昔ザ・ド〇えもんズってありましたよね・・・?

------------------------------------------------------------------


ぼうがいっぽんあったとさ♪ (略)
ろっくがっつむーいかに あーめざーざー ふって


ません!


というわけで6月6日の保育園。
この日はフェスティバルの模擬の日ということで、子どもたちも本格的に
お店の準備をしながら練習開始。

まずはりす組さんの部屋で行われる予定のマッサージ屋さん。

2018fes_mogi001.jpg 2018fes_mogi002.jpg

ヘッドマッサージいいなぁ・・・

もしやってもらっていたら確実に寝ますね。そして他のお客様が入れない、と。
マッサージ屋さんでは、お客さんが選んだアロマオイルを使って香り付けをし、
リラックス効果を高めたマッサージを実践していました。本格的。


部屋を後にして、別の場所を見て回ろうと思いお遊戯室の方へ移動をしたら
何やらエプロンをつけた子どもたちが声掛けをしている様子。

2018fes_mogi003.jpg

「「「いらっしゃいませー!」」」

可愛い売り子さんの声に連れられて、きりん組さんの部屋を抜けてテラスの方へ。
「何を売ってるのかな~?」と聞いてみたら

2018fes_mogi004.jpg

お餅屋さんです!食べてください!」

この時、多分傍から見たら一瞬凍り付いてたと思います。
※お餅食べられません

目の前には子どもたちの「食べて!」と言わんばかりのニコニコ顔。
まっすぐにこちらを見つめる輝いた目。


[> 食べる     ピッ
   食べます


選択肢?そんなもの必要ありませんね( ゚Д゚)頑張って食べましたともさ
子ども達のキラキラした目を見ながら、筆者の目も(涙で)キラキラ見つめ返しましたとさ。


お餅屋さんを後にして、お隣の部屋へ行ってみると

2018fes_mogi005.jpg

可愛い笑顔と面白い顔でお出迎えされました。むぅ、可愛いなぁ(*´∀`)
部屋の奥へ進むと、受付3人娘がお出迎え。

2018fes_mogi006.jpg

ちょっと暇そうに見えるのは模擬だから仕方ない・・・かな?(・ω・;)
でも本番はきっと暇と思う暇がないくらい大変になったんじゃないかなーと。

そのケーキ屋さんのお隣では

2018fes_mogi007.jpg

カメラを向けたら「がおーっ!」と返してくれたアイロン屋さん。
残念ながらアイロンがけしてもらうものを持っていなかったので、
本番は頑張ってねーと声をかけて退室 ε=ε= ( ・ω) ビューン

(そういえばまだお遊戯室見に行ってなかったなー)と思い向かってみると

2018fes_mogi008.jpg

かっこいい車掌さんが登場。
いいねぇ、敬礼が似合ってる( ´∀`)bグッ!

他にも紹介しきれない場所の子達も、お客さん(他の子どもたち)を案内したり
本番顔負けの声出しをしたりと大忙し。
9日の本番に向けて、子どもたちの熱は上がっていったのでしたφ(・ω・ )カキカキ....



本番前日。

いつもは森の日で行うドラム缶風呂。
「それを保育園でも出来たら・・・」という案から実現したお風呂屋さん。
模擬ではやれなかった、実際にドラム缶にお湯をはって火を焚いて、
着替え用のテントを立てて配置決めをし、呼び込みの声出し練習も。

お湯も適温に沸いたところで、先生が

「せっかくなら私もドラム缶風呂入りたいなー!」

と満面の笑みで仰っていたので


それならば入っていただきましょう


2018fes_huro_hon001.jpg

い~いゆ~だ~な~ あははん♪(略

お客さん役の子どもと一緒にびばのんのん。
この日は天気も良く、風も爽やかな日だったので絶好の露天ドラム缶風呂日和。
お客さん&先生が満足している間に

2018fes_huro_hon002.jpg 2018fes_huro_hon003.jpg

店員さんも水着に着替えて、本番さながらの声出し練習。
最初は恥ずかしがっていたものの、先生方による指導の下、
最後にはしっかりとした客寄せが出来てました(*´∀`)



一生に一度はドラム缶風呂入ってみたいなぁ・・・



------------------------------------------------------------------

そして迎えたフェスティバル当日。

当日は陽射しが強く、風がなくてすっごく熱く感じる一日。
そんな暑い中、大勢の方や卒園生の子達にもご参加いただいて
職員一同喜んでおりました。

朝早くから始まる準備。
開始の合図と共に、園内、園庭から聞こえる子どもたちの声。
(人前でお風呂入るのは・・・)と、あまり人が来ないんじゃないかと
若干不安もあったお風呂屋さんにも、大勢のご家族に来ていただいて
担当としては感謝の一言に尽きます。



そんな大盛況のおかげではありますが


ずっと火の番(お湯番)してましたので


中の様子が報告(記事に)出来ません( ゚д゚ )
最初の謎がここで解明。


ですが、園庭から聞こえる子ども達の元気な声掛けや、園内から漏れ聞こえる大きな声が
聴こえただけで十分に子ども達も、ご参加頂いた皆様にも楽しんでいただけたのだろうと
思っております。

このフェスティバルで得た収益は、西日本豪雨緊急支援への募金及び
特定非営利活動法人 フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN様による
ラオスの障がいを持つ子ども達への寄付募金へ全額送らせて頂きました。
最後に、フェスティバルに向けてお忙しい中ご協力頂きました皆様、遅筆になりましたが
この場を借りて改めて深く御礼申し上げます。


江戸時代にタイムスリップ体験
2018年09月05日 (水) | 編集 |
毎日「暑い・・・」といいながら過ごしていたら、既に8月も終わり
いつの間にやら9月入り。今年もあと3ヶ月で終わる・・・早い・・・。
きっと気づけばすぐに運動会、そしてハロウィンと続いてクリスマス会となり
「あー、2018年も終わりかー」って言っているんじゃないかと思います(予知


誰か私(の体感時間)に加速装置(10倍速)付けませんでしたか?(・ω・lll )


さて、本日の内容はフェスティバル用の撮影で出かけた
印旛郡栄町にある房総の村へお出かけしてきた記事になります。

※9月14日、一部修正させていただきました

------------------------------------------

6月1日。

前日にM先生から

「明日、房総の村に撮影へ行くのでカメラ撮影お願いできますか?」

とのお話を受けたので同行させていただきました(`・ω・´)



当日出発の日。
ぐぐーる先生の地図を見て見るとおおよそ30分前後で到着と出たので
園長先生が「俺の知ってる道とどっちが安全運転で先に着くか、だな(笑)」と言われ、
私はぐぐーる先生地図、園長先生は知っている道で行くことになりました。

最初はスムーズに進んでいた筆者車(以下ワゴン車)も、地図では結構進んでいるのに
到着予定時間が変わらず・・・一体いつになったら到着するんだ・・・。

そして到着予定15分と出たあたりで連絡が。

園長 「もうこっち着いたんだけど、筆者今どこよ?」
筆者 「・・・すいません、大通りかっ飛ばしてます」
園長 「安 全 運 転 で来るように。」
筆者 「Oui」 ←フランス語


結局、子ども達が到着してから約20分遅れでようやく到着。
現地に到着後、開口一番子ども達に

「遅れてごめんなさい!」

と。すると子ども達から笑顔で

「「「いーよー!!」」」 「しかたないよー」 の声。

子ども達の優しさに本気で泣きそうです。
もうぐぐーる先生信用しないもん・・・ぐすっ


さてさて、ようやく到着した場所は印旛郡にある房総の村。
到着した時は、ちょっとした洋館っぽいのが見えたくらいでしたが、入場門をくぐると

2018bousou_001.jpg

あら不思議なタイムスリップ感。
「おや?」と思ってきた道を見ると現代風。現代と言っても若干昔っぽい。
視線を正面に戻すと江戸時代風。このギャップが意外と楽しい(*´∀`*)

(筆者を)待っている間に着替え終わっていた役者達も勢ぞろい。

2018bousou_002.jpg 2018bousou_003.jpg

(つд⊂)ゴシゴシ  (  ゚д゚ ) …?   
(つд⊂)ゴシゴシ  (;゚ Д゚) …!?
あれ?似合い過ぎてて本当に江戸時代の子どもに見えてきたゾ?(幻覚

見事な変身を遂げた所を見た後は、役者が揃ったので

2018bousou_004.jpg

最初の場面となる建物の中へ。

2018bousou_005.jpg

やはり最初は照れが見えるところがあり、ちらほら演技指導もありながら
次第に上手くなっていくところが素晴らしい(n*´ω`*n)
そして場面は色々な品物を売り歩くための外シーンへ。

2018bousou_006.jpg

主役を取り囲む町の子ども達。
あー、うん。この配役は光の子達にはピッタリだ(;・ω・)< 似合い過ぎ。

ここでも何度か、どんな動きをするのかと撮影をやり直しを繰り返し。
満足のいくカットが撮れた後、次の場面へ移動をするために
出番待ちしていた子達がいる集合場所へ。

2018bousou_007.jpg

集合場所の所にあった水桶で遊ぶ子ども達。
飲み水ではないので飲まないように声掛け(注意)しつつ
撮影の段取り確認が終わった後、撮影再開。

2018bousou_008.jpg

撮影している間に、ちらほら見かけ始めた観光の方々。
子ども達を見ながら

「かわいいわねー」「似合ってるねー」

との感想がちらほら聞こえてくるではありませんか。
うちの園の子たちが可愛いだなんて、わかってらっしゃいますわ~( ˘ω˘)=3 フッ

観光の方が映らないタイミングを狙って、子ども達のシーンも無事撮影完了。
集合場所に再度戻って、次のシーンへの準備をしていたら

2018bousou_009.jpg

なんと えんちょうせんせいが かたたたきされている

たたきますか?

 [>はい
  いいえ

こどもたち の こうげき!
かいしん の いちげき!
えんちょうの かたのこりに 256のダメージをあたえた


最終的には6人くらいに肩たたきされてましたね、園長先生(汗
頭の中で某RPG風の画面を想像しながらカシャっとな。

ほのぼのした所を見た後は、次の場面へ移動。

2018bousou_010.jpg

はたきでパタパタ掃除していたら、つぼを割ってしまい店の主人に
怒られるシーン。この二人の表情にこちらがツボ。お腹いたい(可愛すぎて

その後も様々なシーンを撮り続け、滞り無く撮影は終了。

2018bousou_011.jpg

最後は村の入り口に集合し、記念撮影も忘れずに>w<


撮影が終わった後、村の中にあるお茶屋さんで一息つくことに。

2018bousou_012.jpg 2018bousou_013.jpg

きなこと黒蜜がかかったわらび餅を、子ども達同士で食べさせ合ったり、
先生に食べさせてもらったりしながらモグモグと。
わらび餅にとろりとかかった黒蜜が美味しかったのか、

「おいひー」「あまいー」

と笑顔をこぼしながら疲れた体に糖分充電中(ノω`*)
筆者も子ども達の隣(の席)で一緒にお茶をいただきながら

園長 「お前(筆者)も餅食えばいいのに、マジ美味いぞ」
筆者 「餅食えない言(ゆ)ーたじゃないですか、無理無理無理無理カタツ無理です」
園長 「残念だなー、こんな美味しい餅食えないなんて(笑)(モグモグ」
筆者 「お茶が美味しいから私は大満足です(ずずーっ」

とかいう会話を繰り広げていたりします。餅は何度チャレンジしてもダメ。
 
2018bousou_014.jpg

子ども達も熱いお茶をふーふー冷ましながら、みんなで分け合って
美味しいお茶を味わってました。
お茶会を園でしているだけあって、茶碗で飲む姿がピッタリ似合ってますねー


お茶とお茶菓子で一息ついた後は、中をぐるっと散策タイム。

2018bousou_015.jpg 2018bousou_016.jpg

橋の下には大量の鯉。
子ども達が(許可をいただいて)お麩を砕いてパラパラ撒くと、
我先にとばしゃばしゃすごい音を立てて食らいつく鯉たちの姿に
キャーキャーはしゃぎながら、別の意味で食らいつく子ども達。

全員が餌を与え終わった後は、橋を渡って順路通りに進んで行くと

2018bousou_017.jpg

なんだか立派なお屋敷の入り口に到着。
門をくぐって中に入ると

2018bousou_018.jpg

上総国の、代表的な明主クラスの農家を復元した建物(説明書き有り)が目の前に。
庭も広く、正確には測れませんが端から端まで50m走ができそうなくらい。

(  =ω).。0 (こんな広さの土地、今買ったらいくらになるんだろう)
とか俗世的な事考えてませんよ?考えていませんったら。

そんな広い庭には、子ども達が遊べるような竹馬やぽっくりが。

2018bousou_019.jpg

先生が支えながら一人一人挑戦していましたが、みんなバランス力が高い。
支えてもらっているとはいえ、ひょいひょい動いているので、うちの子たちは
みんな運動神経いいんだなぁ・・・と感じました( ´Д`)

屋敷前でも集まって記念撮影をしたところで、そろそろバスに乗って帰りましょうと
いうことで入り口へ向かって歩く道すがら、子ども達から

子  「せんせー、上見て上ー!」
筆者 「ん〜?何かあったの?」
子  「おもしろいもの吊られてるー(笑)」

2018bousou_020.jpg


本気で怖っ!!
ちょっと管理者さん、何かまずいもの吊ってませんかね((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


最後の最後に怖いもの見たわ〜…と思いながら進んでいくと、江戸村入り口に到着。
トイレ休憩をすませて外に出てみると

2018bousou_021.jpg 2018bousou_022.jpg

草の上で戯れる少年たちを発見。もちろん写真は忘れません。
全員が集まった後、忘れ物をしていないか確認をして

2018bousou_023.jpg

お世話になった江戸村を後にする光の子たちなのでした。
千葉県は印旛郡栄町にある房総の村。まだ行ったことのない方、是非一度
脚を運んで散策を楽しんではいかがでしょうか?


------------------------------------------
耳を手前にたたんで「ギョーザっ!」
2018年08月23日 (木) | 編集 |
数日前までの涼しさ返してっ!(笑)

ダブル台風がやってきたと思いきや、唐突にやってきた涼しさも
台風に追いやられるかのようにどこかへ行っちゃいましたね・・・。
先日まで日中気温が25~6度だったのに、今は35~6度。
10度違うって相当体に堪える気がします(´・ω・`)

急激な気温変化で、大人たちは勿論、子ども達も体調を崩しやすく
なりますので皆様十分お気をつけください。


さて、本日の記事は5月18日のそら豆収穫と
28日にお出かけしてきた工場&公園の内容です。

------------------------------------------------

5月18日。

いつも子ども達の畑を手入れして下さっているおじい様から

「収穫できそうなそら豆、そろそろ取らないと悪くなっちまうよ」

とお声掛けを頂いたので、さっそく子ども達と一緒に収穫してきました@w@

2018sora_001.jpg

大きく立派に育ったそら豆を、収穫できそうなものを先生にアドバイスを貰いながら
一つ一つ丁寧に摘んでいきます。

2018sora_002.jpg

「こんなに取れたー!」
すっごい嬉しそうに収穫したそら豆を見せてくれたお二人。
一個一個の豆がすっごい大きい( ゚д゚ )どれだけ大きいかと言うと

2018sora_003.jpg

子どもの手からはみ出るくらい・・・かな。
うちの園の野菜は大きいヽ(・ω・)/ 子ども達も負けないくらい大きくな~れっ♪

大まかな収穫が終わった後は

2018sora_004.jpg

せっせせっせと皮むき皮むき。
子どもの力でも簡単に皮がベリッと剥けるので、黙々と作業をする子もいれば
ワイワイ楽しみながら剥いている子も。

2018sora_005.jpg

中に入っている豆も大きい。きっと食べ応え抜群。
この丁寧に剥いて終わったそら豆は、スタッフ(子ども達)が
美味しくいただきました(*´ω`*)


------------------------------------------------

5月28日。朝。

今日はフェスティバルに使うという餃子をいただきに、キイロさん達が園バスに乗って
薬園台にある山下食品様の所へお出かけしてきましたヽ(・ω・)/
(工場内の写真は機材が多く写っている為、なるべく写っていないものを使用しています)

工場内に入る前に、社長さんとご挨拶。
食品加工の場なので、手を消毒してエプロン・三角巾(バンダナ)を身につけて

2018gyouza_001.jpg

いざ、工場内見学!

まずは大きな機械で餃子の餡をねりねり。
練り上がったものを生地にはさみ、自動で餃子の形に整えてコンベアの上を
綺麗に並びながらガチャンガチャンと流れてきます(=゚ω゚)
出来立ての味を子ども達に食べてもらおうという社長さんの計らいで

2018gyouza_002.jpg 2018gyouza_003.jpg

小さなお皿を貰い、一人一個ずつ熱々の餃子をその場で試食させてくださいました
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ デキタテダー!!

2018gyouza_004.jpg 2018gyouza_005.jpg 2018gyouza_006.jpg
2018gyouza_007.jpg 2018gyouza_008.jpg 2018gyouza_009.jpg

熱々の餃子を頬張る子ども達。一個の大きさが普通より大きい。
(写真)見てるだけでお腹空いてきた(ヽ'ω`)グー


この記事を見た方にも 「あ、今日餃子食べたい」 と思わせるかのように
美味しそうに食べる写真を大量に載せてみました(ΦωΦ)ウフフフフ


写真を撮った時は特に気にしていませんでしたが、よく見ると餃子に焼き目がない・・・。
「熱々の餃子、食べられてよかったねー♪」位に考えていましたが、
食感が小籠包に似ていたので、きっと蒸し餃子にして下さっていたのかも?

美味しい餃子を頂いた後は、きちんと全員揃ってお礼をして

2018gyouza_010.jpg

記念撮影も撮らせていただきました(*´∀`)
お世話になった山下食品の社長様、社員の皆様へこの場を借りて
厚く御礼申し上げます。美味しい餃子をありがとうございました。



工場見学が終わった後、工場の近くにある田喜野井公園というところで
お昼を食べる為に園バスに乗って移動です ))))))( ・ω・)ブゥーン

車に揺られること数分。現地に到着し

2018takinoi_001.jpg

お弁当を準備。ちゃんと手の消毒を忘れずに。
いただきますのお祈りを済ませて 「いっただっきまーす!」

2018takinoi_002.jpg 2018takinoi_003.jpg

餃子のおかげで空きっ腹だった胃袋が活性化。お弁当もモリモリ食べます(*´ω`*)
「手にいっぱいお米の粒がついたー」と見せてくれましたが・・・
お、おにぎりが!おにぎりが洋服(お腹)にっ!!(; ・`д・´)


ご飯が終わって、きちんとごちそうさまをした後は

2018takinoi_004.jpg 2018takinoi_005.jpg

公演の遊具で遊びます。
近くの公園にはない長い滑り台があり、子ども達も先生と一緒に山を登って
キャーキャー歓声を上げながら滑って来る姿がとても楽しそうで(*´∀`*)

2018takinoi_006.jpg 2018takinoi_007.jpg

一人で滑ったり、友達と一緒に滑ったり、最後の所で勢いを利用してジャンプしたり。

2018takinoi_008.jpg 2018takinoi_009.jpg

滑り台だけじゃなく、昼食を食べた小山で滑ってみたり。
子ども達が遊ぶにはうってつけの公園、今回来れなかったピンクちゃんや
むらさきさん達を連れて来れたら最高だろうなーと思ったのですが・・・


ここ駐車場がないんです・・・


公園で駐車場ある方が珍しいのかもしれませんが(´・ω・`)
滅多に来れない公園なので、きいろさん達はフルパワーで満喫中。
これくらい長い滑り台、近くの公園で作って下さらないかしら(チラッチラッ

2018takinoi_010.jpg

最後はみんな揃って記念撮影。
園バスに乗り込み、ゆっくりと園へ向けて帰っていくのでしたー。


------------------------------------------------

写真は溜めたらいけません(白目
2018年08月20日 (月) | 編集 |
ここ数日、台風の影響(?)か涼しい日が続いていますが
暫くするときっと天気図が前のように気温が高くて真っ赤になるんじゃ
ないかなーと思いながら、筆者はBlog用のまとまった写真の量を見て
顔の天気図が真っ青です。自業自得。


最近までお盆だったということで、帰省された方も多いと思います。
私もお盆でお墓参りへ行ったのですが、

私 「迎え火で既に魂が実家に帰ってたらお墓にいないだろうし
      持ってきた花は不在通知届けでも墓石に貼ればいいかな」
(〇月〇日、花をお届けに参りましたが不在でしたので持ち帰りました)

とつぶやいたら一緒にお墓参りしてた家族に大笑いされました(;´Д`)
皆様はこんな失礼な事をご先祖様の前で話してはいけませんですよ?


さて、今回の記事は

・泥遊び  ・柏餅づくり  ・花育  ・親子参加

の4本立てでお送りします...φ(・д・ )カキカキ


----------------------------------------------------

4月19日。ポカポカと温かい陽気。
いつも賑やかな保育園の園庭でバシャバシャと響く音。
そして「先生ー、写真撮ってー」とのお声がけが。
早速カメラを準備して外へ出てみると

2018doro001.jpg

砂場に水を貯めて何やら列になっている子どもたちが。
(よく砂場に水溜まったなぁ・・・)と、若干斜めの事を考えながら見ていたら

2018doro002.jpg

バシャーン!!
勢いよく飛び込む子どもたち。
飛び込んだ後、溜まった水を思い切り踏んでみたり、手ですくってみたり、
はたまた蹴って水を飛ばしてみたり。
とても楽しそうな様子に、「どぉ~?楽しい~?」と聞いてみたら


2018doro003.jpg

< 楽しいー♪



満面の笑みで返されました(*´∀`)

暫く遊んでいたら、先生が平行棒を持ってきて砂場の横へ。

2018doro004.jpg

遊んでいた子どもたちの手を取って、何をするんだろうと思っていたら

2018doro005.jpg

(簡易)飛び込み台~ チャッチャララャッチャッ チャーチャチャー(道具を取り出す効果音
ちょっと高さのあるところから、先生の補助をもらいながら

2018doro006.jpg

とぉぉぉぉぉぉぉぅ!!
最初は高さに怖がっていた子も、先生が手を貸してくれることで
勢いよく砂場へジャボーン!(゚∀゚ノ)ノキャードロミズヨー
中には「自分一人で飛ぶー!!」という勇気ある子も。
(先生のさりげないフォローは欠かしません)

2018doro007.jpg

全身泥まみれになりながら遊ぶ姿に、(昔の私もあんな感じで遊んでたなぁ)と
しみじみ(歳を)感じた穏やかな一日でした(*´ω`*)


----------------------------------------------------


4月26日。「雲出てくれよぉぉぉぉぉぉ!!!」と叫びたくなる快晴。
そう、今日は「KA☆SHI☆WA餅クッキング」の日。

登園した後、きちんと手を洗ってエプロンを付けて準備完了。
外での蒸し器の準備も完了。冒頭の叫びたくなる状況がここに。

2018kasiwa001.jpg 2018kasiwa002.jpg 2018kasiwa003.jpg

りす組さんの様子。
先生と一緒に、団子粉をこねこね。こぼさない様に丁寧に、かつ力強く。
「美味しくなーれ♪美味しくなーれ♪」と願いながら、頑張って生地を作ります。

2018kasiwa004.jpg

柏の葉も、きっと子どもたちが沢山作るでしょうと仮定して多めに準備。
緑が鮮やかで、一瞬写真を見た時「大葉?」と勘違い。きっと筆者だけ(苦笑

場面は変わってファミリーさん。

2018kasiwa005.jpg 2018kasiwa006.jpg

ファミリーさんの子ども達も、麺棒を使って協力し合いながらこねこねと。
先生と一緒に手を使ってぎゅっぎゅっとな(・ω・)
しっかり生地が練られた後は、餡を中に詰めていきます。

2018kasiwa007.jpg 2018kasiwa008.jpg

生地を伸ばして平たくして、丸めた餡を包んで形作り。

2018kasiwa009.jpg

お遊戯室へ行ってみると、こちらも順調に餡作り中。
綺麗な球体に出来るまでコロコロ・・・コロコロ・・・。
餡を生地に包んで終わったら

2018kasiwa010.jpg

本命(?)の柏の葉が登場。
強く畳み過ぎて葉っぱが切れないように注意しつつ、優しくもしっかりと
お餅の外側に巻いていきます( ・ω)っ@ マキマキ

そして出来上がった柏餅の最終段階、蒸し。
ぐつぐつお湯を沸かした蒸し器で15~20分。
蒸しあがるまでお湯の量を見たり蒸し具合を確認ながら


「お・も・ち蒸し蒸し♪ 暑さ蒸し蒸し♪ お湯がグツグツ沸いてる~♪
 子ども達が♪ 待ってる~♪ かしわも・ち・も・ち♪」


とかなんとか、〇京ブギウギを替え歌で歌いながらの  暇人  火の番人。

・・・いや、ほんとに待ってるだけって暇なんですよ(´・ω・`)
というか、歌のチョイスが古すぎて自分の年齢が行方不明(遠い目



待つこと数十分。蒸し上がった出来立てお餅を各クラスにお届け。
保護者の皆様にも食べてもらえるよう、お持ち帰り用も準備完了。お餅だけに。
後片付けも終わり、子ども達に感想を聞いたら「すっごく美味しかった!」と
最高の感想がもらえました(ノ´∀`*)蒸し頑張った甲斐があったヨ

また来年も美味しいお餅がみんなで食べられたらいいなーと思いながら
今年の柏餅クッキングは終了となりました。

2018kasiwa011.jpg


----------------------------------------------------


5月11日。午後。

「先生、これから花育をするので写真お願いできますか?」と頼まれ、
母の日のプレゼント製作をするそうなので、喜んで相棒(カメラ)を片手にお遊戯室へ。


2018hana001.jpg

お遊戯室では、いつもお世話になっている幸子先生から頂いた花を
子ども達用の小さなビンに活ける作業の真っ最中。
茎が長すぎるものは先生のアドバイスをもらいながら、子ども達も
「ここ?ここでいい?」と確認しながら一本一本丁寧に剪定。

2018hana003.jpg 2018hana002.jpg

切っている時も、見事に完成した時もみんな楽しそうに作業してましたね(*´ω`*)

2018hana004.jpg

素敵な花も沢山あって、どれを選んでいいのか見てるこちらも迷いますねー。
どれがいいかな o(゚Д゚ = ゚Д゚)o どれがきれいかな
その花が並べられた机から

2018hana005.jpg

子ども達は自分で好きな花を選びます。
どの花を選べば華がある(花だけに)か、花だけでなくどれくらい緑も足したら
花瓶に活けたら映えるようになるか等々、みんな一人一人頑張って考えます。

2018hana006.jpg

無事お気に入りの花が見つかった様子の子ども達。
うむ、すごく嬉しそう(*ノωノ)
困ったように笑いながら~♪ ずっと迷ってる人(子どもたち)がいる~♪
by 世〇に一つだけの花

2018hana007.jpg

「これなんか良くない?」「これがいい!」と相談し合いながら選ぶ子も。
自分で選んでも楽しいし、誰かと話し合って決めるのもよさそうですね。

2018hana008.jpg 2018hana009.jpg 2018hana010.jpg

そして無事素敵な花瓶が完成。みんな頑張ったね(∩´∀`)∩ヒャッホーイ
最後は全員そろって記念撮影で終了となりました。

2018hana011.jpg

みんな思いを込めた最高の一品が作れたかな?


----------------------------------------------------


5月12日、朝。今日はモンテ実験(親子参加)の日。
筆者は去年と同じくザリガニ釣りへの参加になるので、今回の記事は
ザリガニ釣りをメインで書きたいと思いますφ(・д・ )カキカキ


朝早く、前々から先生方が準備して下さっていた荷物を乗せて現地へ移動。
予定通り到着し、「さて、準備しましょうかね!!」というタイミングで
既に到着されていた子どもたちや保護者の皆様方が集合完了。
朝の軽い食事を済ませた後

2018hoiku001.jpg

ザリガニ釣り用の釣り竿&餌を準備。

2018hoiku002.jpg

釣りのルール説明や担当の先生による絵本読み。
全ての準備が整ったところで

ZA ☆ RI ☆ GA ☆ NI 釣り開始!

2018hoiku003.jpg 2018hoiku004.jpg

今年の水は澄んでいて、目を凝らして見ずともモゾモゾ泳いでいるザリガニが
見えているので、子ども達も保護者の皆様も


「あっ!ほら!!あそこにいた!!」
「そこそこそこ!」
「おかーさん、もっと奥だよ!あそこの草の影!」
「おとーさんこっちこっちー!」


こうやって親子兄弟姉妹揃って何かにのめり込んでる姿を見ているだけで
こちらも心がなんだかホッコリしますね(*´ω`*)
遊園地や観光地では味わえない感覚が、こういう親子で1つのものに集中している
姿に感じるものがあるのです。

何とも言えないワクワク感を感じながら、カメラと釣り竿を持って移動していると

2018hoiku005.jpg

「せんせー!見て見て!!」と声をかけられたので
「どれどれ」と覗いてみると

2018hoiku006.jpg

筆者 「おー!すごいじゃん!これは大きなザリガニ   とQoo」

子   「Qooは取ってない!!!」

怒られちゃいました(´・ω・`) ※ちゃんと謝りました


皆さんの様子を眺めながら筆者も釣りをしてみた結果、計5匹ほどさっくり
釣ることはできましたが、どれも小ぶりなザリガニばかり。
子ども達のバケツを覗いてみても、今年はやけに小物が多いなーといった印象。


楽しい釣りにはまっていると、いつの間にか迫っていた終了のお知らせ。

2018hoiku007.jpg

ご家族揃ってスタート位置に戻り、それぞれ釣ったザリガニチェック。

2018hoiku008.jpg 2018hoiku009.jpg

「これだけ釣ったんだよー!!」と笑顔で見せてくれた子どもたちをパシャリ。
意外と大きいサイズも釣れているようで、中サイズのザリガニもちらほら。

全員集合したところで、表彰式へ。
一番大きなサイズを釣ったのは誰かな~・・・?

2018hoiku010.jpg

卒園生チーム!  でかっ!!

写真撮る前に、ついつい言葉遣いを忘れた素の発言が出ちゃいました(;´∀`)
しかしさすが光の子といいますか・・・上手だなぁ・・・。

表彰式も終わり、全ての流れが終了した後は

2018hoiku011.jpg

ザリガニを連れて帰る人以外はきちんと元の場所へ。
キャッチ&リリースは釣り人のマナーですよね(`・ω・´)

現地解散になる前に、ご参加頂いた皆様で記念写真を一枚!

2018hoiku012.jpg

早朝にも関わらず、お忙しい中参加頂いた保護者の皆様、卒園生の子ども達に
心から感謝です!!  ( >w<)ノ < ザリガニよ、来年また会おう!!

----------------------------------------------------

良い星っ☆(イースター)
2018年08月16日 (木) | 編集 |
ま~い~に~ち ま~い~に~ち 気温は炎天下~♪
陽射し暑くて~♪ 嫌になっちゃうよ!ほんとに!!


あまりの暑さに、泳げ〇イヤキ君のテーマで意味の解らない怒り方をしてました。
冬はこたつから出られないように、今はエアコンの効いた部屋から出られません。
そんな日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

熱中症対策をしていても倒れてしまう方が多い今年の夏。
「自分(だけ)は大丈夫」ではなく、「明日は我が身」
少しでも喉が渇いたら、素早く水分補給することが大切です。
これからも暑い日が続くと思われますが、皆様熱中症には十分ご注意下さいませ。


さて、去る8月11日に行われた光の子祭り、皆様いかがでしたでしょうか。
最初から最後まで屋外開催が出来れば最高だったのですが、突然の大雨で
急遽お祭り途中から屋内開催となりましたが、皆様のご協力のおかげで
円滑に進めることができました。職員一同、心より御礼申し上げます。


そんなお祭りの最中、ご参加いただいた卒園児の保護者様より

「Blog更新まだ?まだ?(笑)」

とありがた~~~~~い言葉をいただきました((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
記事遅れの反省と、卒園されてもBlogを見て下さっているということに、感謝申し上げます。


本日の更新記事は、4月4日にお出かけした春探しと、14日に行われた
イースター&親子遠足について書きたいと思います。


( 上) < 今 頃 4 か 月 も 前 の 記 事 ?

        時の経つのは早いですよね > (・ω・ )

( 上) < ・・・ほう。

                 ごめんなさい > ( ゚ω゚ lll )

----------------------------------------------------------------------

4月4日。
心地よい風が吹きながらも、若干暑く感じるようなポカポカ陽気。
そんな空の下、光の子のファミリーさん達は春を探しに出掛けてきました。

車に注意しながら、園の近くにある田んぼまで並んで移動。
道中、先生から

「チューリップ祭り(前記事)の会場まではこれ以上歩くんだからねー!」

と檄を飛ばされながら、トトロトンネル(竹林)を通り、田んぼ道へ出るところにある
見事に咲いた桜の下へ。
そこでひらひらと舞い落ちる桜の花びらを「見事手でキャッチできたら合格!」という
ミニゲーム的なお遊びを開始。

上手くキャッチできる子や、目で追い続けてうまくできない子もいましたが、先生の
アドバイスを受けながら見事全員がキャッチ成功!!
ちらほら通る車に注意しながら、田んぼ道へ移動して春探しがスタートです。

hana2018_001.jpg

道端にたくさん生え始めたつくしやクローバー、白い花や冬眠から目覚めたカエル等、
園へ持ち帰る用の袋にたっぷり詰めながら散策を続けます。

静かに流れる小川沿いを歩きながら、京成線が通る線路横の土手下へ。
園へ帰る前に小休止をしようと、キンキンに凍らせたゼリーを子どもたちに渡していると、
陽射しの暑い中、子どもたちに差し入れのアイスを持ってきてくださったお母様が!
冷たいゼリーだけでなく、美味しいアイスまで食べられて皆嬉しそうな顔でした。


度々走る電車へ子どもたちが大きく手を振ると「ぷぁ~~~~ん」と警笛で反応して下さる
運転手さんは優しい方が多いです(*´ω`*)


小休止が終わった後は、線路脇の田んぼ道を通って園への帰路へ。
田んぼ道を抜けて車道へ出た時、とあるお家の木に咲いた花がとても綺麗だったので
折角だからとみんなで記念撮影してきました>w<v

hana2018_002.jpg

白かと思いきやうっすらと桃色の花。
こういう綺麗な花を見ながらのお出かけも悪くないなぁと感じた春探し散歩でした。

hana2018_003.jpg hana2018_005.jpg hana2018_004.jpg


----------------------------------------------------------------------

4月14日。

今年もとあるイベントの為に、朝早く佐倉城址公園へ急ぐ先生方。
そう、今日は親子遠足と

酵母とも呼ばれる微生物で、糖分をアルコールに変換する過程で炭酸ガスを
発生させる、パンを発酵させるには欠かせない存在の日!!

??? 「今日はイースター。それはイースト(菌)な。」
筆 者 「あ、はい。」


荷物を車に乗せ、走る事およそ20分。
到着してから先生方と一緒にえっさほいさと広場まで材料運搬。

筆者 (城址公園よ、私は帰ってきた!!)

一部の人しかわからない台詞を心の中で叫びつつも、動きは止めません(@w@


広場に着いた後は、各自持ち場(ブース)へ移動開始。
各ブース事に看板を設置したり、テントを広げたりと準備を開始します。

準備している間に、早くも広場に集まり始める子どもたち&保護者の皆様。
作業に集中していたら、いつの間にやら過ぎる時間。

e-sta2018_001.jpg

先生による朝のヨガ体操~。
朝一で伸ばす背筋って、すごく気持ちいいですよね(*´ω`*)
今年も一緒に体操を・・・と思いましたが、別の場所のお手伝いの為、一時離脱。

手伝いを済ませて急いで広場に戻ろうと走っていたら

e-sta2018_002.jpg

( ゚д゚ ) はじまってるぅぅぅぅぅぅ
ポケットから素早く抜き取り、照準(ピント)を合わせてトリガー(シャッター)を引く。
西部劇さながらの動きで捉えたのは、きりん組のフェイスペイント会場で楽しむ親子の姿。

いやぁ、すぐに写真が撮れるなんて便利な時代になりましたね(スマホを見ながら)。

戻り報告をした後、毎年恒例の ウル〇ラマン カメラマンへと変身( 0w0)ゝ ヘァッ!!
今年のいたずらうさぎは後援会の方々(6名)がやって下さるそうなので、今年は担当ブースの
時間が来るまでフリー活動です。

まず最初はぞう組さんのゴム飛びブース。

e-sta2018_003.jpg

まだこちらに子ども達は到着していないようで、先生方も「まだかなー」と待機中。
子ども達が集まったら再度撮影に来るかなーと、一度場を離れて次のブースへ。

e-sta2018_004.jpg

次に到着したのはぱんだ組のイースターバッグ作りブース。
お父さん・お母さんも、子どもと一緒になって楽しそうに作成中(´∀`*)
去年も同じことを思いましたが、やはり家族で何かを作る姿は
見ている方も楽しいし、皆様方も楽しかったのではないでしょうか。

ぱんだブースを離れ、次の所へ移動しようとしたら

e-sta2018_005.jpg

先ほどのぞうさんブースで、ちょうどゴム飛びに挑戦している姿を発見。
ゴムに引っかかることもなく、子ども達みんなしっかりと飛べてましたね@w@

続いてのブースは、りす組さんのバルーンブース。

e-sta2018_006.jpg e-sta2018_007.jpg

こちらもイースターバッグ同様、作成系ブースなので子ども達も楽しそう・・・
かと思いきや、どこかぎこちないというか真顔というか・・・

「なんでだ (パーン!!!!! ←どこかで割れる音) ろ・・・なるほど、これか(;´Д`)」

風船は楽しいけど怖い。


バルーンブースを離れ、姥が池を道なりに歩いた先にあるのはモンテさんの
親子アロママッサージブース。

e-sta2018_008.jpg

今年も綺麗に咲いた花の下、皆さんが来るのを待っている先生方。
どなたか来るまでのんびり待とうかなと思いましたが、筆者の担当ブースへ戻る
時間もあったため、あえなく(二つの意味で)移動開始。

続いての場は、あひるさんによるパネルシアターブース。

e-sta2018_009.jpg

先生方の読み聞かせではなく、参加者(保護者)による役分担と朗読で
お話が聞けるというのは、去年と変わらず新鮮さを感じますね(*´ω`*)

そんなあひるブースの左奥では、給食室の先生方によるハーブティー種類当て。

e-sta2018_010.jpg

到着した時にはクイズが終わっていて、丁度ホットクロスバンズとジュースを
配っているところでした(´・ω・`)オソカッタカー

何枚か写真を撮った後、子ども達がやってきて
「ねぇ!!見て見て!!いいでしょ!!」 とハイテンションな模様。
「ん?どしたのー?」と聞いてみたら

e-sta2018_012.jpg

フェイスペイントを手に書いてもらったようで、嬉しそうに見せてくれました(*´∀`)
・・・なんかおちゃめな姉弟がいるなぁ(ΦωΦ)

そうこうしているうちに、担当ブースの時間が迫って来ていたので撮影をやめて移動。
今年は小学生担当の為、過去にいたずらうさぎを襲名した筆者としては
これほどワクワクする担当もなくΨ(`∀´)Ψケケケケケー

最初は見つけやすいように優しく、そして「見つからないよー!!」と悩めるように難しく
対小学生ということで試行錯誤を重ねた卵探しを今!!!






e-sta2018_013.jpg

誰 も 来 な い

うわーい、いい天気だなー(現実逃避


この後しばらくしたら小学生たちが集まり始め、試行錯誤を重ねた卵たちも
大半が見つけられてしまいました・・・(´・ω・)むぅ、小学生恐るべし。

無事(?)見つけられなかった卵たちも回収し、広場に戻ってお昼ご飯。
子ども達も家族でご飯を美味しそうに食べている姿を眺めつつ
お腹がいっぱいになったところで準備したものの片付けを始め、
無事平成最後のイースター&親子遠足は終了となりました。

来年もまたご参加いただける方は是非お越しくださいませ(・ω・)ノシ
勿論卒園生の方も大歓迎です!!