季節は秋ですが、9月に入ってもなかなか涼しくなりません。
そんなある日、子どもの家のぺんぎん組では、お化け屋敷をやろうという話で盛り上がりました。
自分の好きなように顔や手を赤い色で塗って、机やいすの陰に隠れます。
最初のお客様は、長島園長先生。
待ってましたと「わぁ~!!」と机の陰から飛び出しす子どもたち。びっくりする園長先生に大満足です。
保育園のそれぞれの組の子どもたちが、2人一組で部屋の中を進んできました。
「わぁ~!!」と脅かされて、全然平気な子もいれば、しくしく泣き出す子、立ち止まって歩けなくなる子も。
迫力があって、けっこう恐かった様子です。
さて、脅かされ役だった保育園の子どもたちは、ちょっと悔しい。
教室に戻ってから、今度はぺんぎん組を招待すべく、自分たちのお化け屋敷をあれこれ考え始めたのでした。

002_convert_20101227153042.jpg004_convert_20110109140401.jpg
008_convert_20110109140619.jpg011_convert_20110109141439.jpg
014_20110109142042.jpg015_20110109142115.jpg
022_20110109142257.jpg024_20110109142314.jpg
030_20110109142337.jpg031_20110109142353.jpg