FC2ブログ
千葉県佐倉市 光の子保育園のブログです
写真は溜めたらいけません(白目
2018年08月20日 (月) | 編集 |
ここ数日、台風の影響(?)か涼しい日が続いていますが
暫くするときっと天気図が前のように気温が高くて真っ赤になるんじゃ
ないかなーと思いながら、筆者はBlog用のまとまった写真の量を見て
顔の天気図が真っ青です。自業自得。


最近までお盆だったということで、帰省された方も多いと思います。
私もお盆でお墓参りへ行ったのですが、

私 「迎え火で既に魂が実家に帰ってたらお墓にいないだろうし
      持ってきた花は不在通知届けでも墓石に貼ればいいかな」
(〇月〇日、花をお届けに参りましたが不在でしたので持ち帰りました)

とつぶやいたら一緒にお墓参りしてた家族に大笑いされました(;´Д`)
皆様はこんな失礼な事をご先祖様の前で話してはいけませんですよ?


さて、今回の記事は

・泥遊び  ・柏餅づくり  ・花育  ・親子参加

の4本立てでお送りします...φ(・д・ )カキカキ


----------------------------------------------------

4月19日。ポカポカと温かい陽気。
いつも賑やかな保育園の園庭でバシャバシャと響く音。
そして「先生ー、写真撮ってー」とのお声がけが。
早速カメラを準備して外へ出てみると

2018doro001.jpg

砂場に水を貯めて何やら列になっている子どもたちが。
(よく砂場に水溜まったなぁ・・・)と、若干斜めの事を考えながら見ていたら

2018doro002.jpg

バシャーン!!
勢いよく飛び込む子どもたち。
飛び込んだ後、溜まった水を思い切り踏んでみたり、手ですくってみたり、
はたまた蹴って水を飛ばしてみたり。
とても楽しそうな様子に、「どぉ~?楽しい~?」と聞いてみたら


2018doro003.jpg

< 楽しいー♪



満面の笑みで返されました(*´∀`)

暫く遊んでいたら、先生が平行棒を持ってきて砂場の横へ。

2018doro004.jpg

遊んでいた子どもたちの手を取って、何をするんだろうと思っていたら

2018doro005.jpg

(簡易)飛び込み台~ チャッチャララャッチャッ チャーチャチャー(道具を取り出す効果音
ちょっと高さのあるところから、先生の補助をもらいながら

2018doro006.jpg

とぉぉぉぉぉぉぉぅ!!
最初は高さに怖がっていた子も、先生が手を貸してくれることで
勢いよく砂場へジャボーン!(゚∀゚ノ)ノキャードロミズヨー
中には「自分一人で飛ぶー!!」という勇気ある子も。
(先生のさりげないフォローは欠かしません)

2018doro007.jpg

全身泥まみれになりながら遊ぶ姿に、(昔の私もあんな感じで遊んでたなぁ)と
しみじみ(歳を)感じた穏やかな一日でした(*´ω`*)


----------------------------------------------------


4月26日。「雲出てくれよぉぉぉぉぉぉ!!!」と叫びたくなる快晴。
そう、今日は「KA☆SHI☆WA餅クッキング」の日。

登園した後、きちんと手を洗ってエプロンを付けて準備完了。
外での蒸し器の準備も完了。冒頭の叫びたくなる状況がここに。

2018kasiwa001.jpg 2018kasiwa002.jpg 2018kasiwa003.jpg

りす組さんの様子。
先生と一緒に、団子粉をこねこね。こぼさない様に丁寧に、かつ力強く。
「美味しくなーれ♪美味しくなーれ♪」と願いながら、頑張って生地を作ります。

2018kasiwa004.jpg

柏の葉も、きっと子どもたちが沢山作るでしょうと仮定して多めに準備。
緑が鮮やかで、一瞬写真を見た時「大葉?」と勘違い。きっと筆者だけ(苦笑

場面は変わってファミリーさん。

2018kasiwa005.jpg 2018kasiwa006.jpg

ファミリーさんの子ども達も、麺棒を使って協力し合いながらこねこねと。
先生と一緒に手を使ってぎゅっぎゅっとな(・ω・)
しっかり生地が練られた後は、餡を中に詰めていきます。

2018kasiwa007.jpg 2018kasiwa008.jpg

生地を伸ばして平たくして、丸めた餡を包んで形作り。

2018kasiwa009.jpg

お遊戯室へ行ってみると、こちらも順調に餡作り中。
綺麗な球体に出来るまでコロコロ・・・コロコロ・・・。
餡を生地に包んで終わったら

2018kasiwa010.jpg

本命(?)の柏の葉が登場。
強く畳み過ぎて葉っぱが切れないように注意しつつ、優しくもしっかりと
お餅の外側に巻いていきます( ・ω)っ@ マキマキ

そして出来上がった柏餅の最終段階、蒸し。
ぐつぐつお湯を沸かした蒸し器で15~20分。
蒸しあがるまでお湯の量を見たり蒸し具合を確認ながら


「お・も・ち蒸し蒸し♪ 暑さ蒸し蒸し♪ お湯がグツグツ沸いてる~♪
 子ども達が♪ 待ってる~♪ かしわも・ち・も・ち♪」


とかなんとか、〇京ブギウギを替え歌で歌いながらの  暇人  火の番人。

・・・いや、ほんとに待ってるだけって暇なんですよ(´・ω・`)
というか、歌のチョイスが古すぎて自分の年齢が行方不明(遠い目



待つこと数十分。蒸し上がった出来立てお餅を各クラスにお届け。
保護者の皆様にも食べてもらえるよう、お持ち帰り用も準備完了。お餅だけに。
後片付けも終わり、子ども達に感想を聞いたら「すっごく美味しかった!」と
最高の感想がもらえました(ノ´∀`*)蒸し頑張った甲斐があったヨ

また来年も美味しいお餅がみんなで食べられたらいいなーと思いながら
今年の柏餅クッキングは終了となりました。

2018kasiwa011.jpg


----------------------------------------------------


5月11日。午後。

「先生、これから花育をするので写真お願いできますか?」と頼まれ、
母の日のプレゼント製作をするそうなので、喜んで相棒(カメラ)を片手にお遊戯室へ。


2018hana001.jpg

お遊戯室では、いつもお世話になっている幸子先生から頂いた花を
子ども達用の小さなビンに活ける作業の真っ最中。
茎が長すぎるものは先生のアドバイスをもらいながら、子ども達も
「ここ?ここでいい?」と確認しながら一本一本丁寧に剪定。

2018hana003.jpg 2018hana002.jpg

切っている時も、見事に完成した時もみんな楽しそうに作業してましたね(*´ω`*)

2018hana004.jpg

素敵な花も沢山あって、どれを選んでいいのか見てるこちらも迷いますねー。
どれがいいかな o(゚Д゚ = ゚Д゚)o どれがきれいかな
その花が並べられた机から

2018hana005.jpg

子ども達は自分で好きな花を選びます。
どの花を選べば華がある(花だけに)か、花だけでなくどれくらい緑も足したら
花瓶に活けたら映えるようになるか等々、みんな一人一人頑張って考えます。

2018hana006.jpg

無事お気に入りの花が見つかった様子の子ども達。
うむ、すごく嬉しそう(*ノωノ)
困ったように笑いながら~♪ ずっと迷ってる人(子どもたち)がいる~♪
by 世〇に一つだけの花

2018hana007.jpg

「これなんか良くない?」「これがいい!」と相談し合いながら選ぶ子も。
自分で選んでも楽しいし、誰かと話し合って決めるのもよさそうですね。

2018hana008.jpg 2018hana009.jpg 2018hana010.jpg

そして無事素敵な花瓶が完成。みんな頑張ったね(∩´∀`)∩ヒャッホーイ
最後は全員そろって記念撮影で終了となりました。

2018hana011.jpg

みんな思いを込めた最高の一品が作れたかな?


----------------------------------------------------


5月12日、朝。今日はモンテ実験(親子参加)の日。
筆者は去年と同じくザリガニ釣りへの参加になるので、今回の記事は
ザリガニ釣りをメインで書きたいと思いますφ(・д・ )カキカキ


朝早く、前々から先生方が準備して下さっていた荷物を乗せて現地へ移動。
予定通り到着し、「さて、準備しましょうかね!!」というタイミングで
既に到着されていた子どもたちや保護者の皆様方が集合完了。
朝の軽い食事を済ませた後

2018hoiku001.jpg

ザリガニ釣り用の釣り竿&餌を準備。

2018hoiku002.jpg

釣りのルール説明や担当の先生による絵本読み。
全ての準備が整ったところで

ZA ☆ RI ☆ GA ☆ NI 釣り開始!

2018hoiku003.jpg 2018hoiku004.jpg

今年の水は澄んでいて、目を凝らして見ずともモゾモゾ泳いでいるザリガニが
見えているので、子ども達も保護者の皆様も


「あっ!ほら!!あそこにいた!!」
「そこそこそこ!」
「おかーさん、もっと奥だよ!あそこの草の影!」
「おとーさんこっちこっちー!」


こうやって親子兄弟姉妹揃って何かにのめり込んでる姿を見ているだけで
こちらも心がなんだかホッコリしますね(*´ω`*)
遊園地や観光地では味わえない感覚が、こういう親子で1つのものに集中している
姿に感じるものがあるのです。

何とも言えないワクワク感を感じながら、カメラと釣り竿を持って移動していると

2018hoiku005.jpg

「せんせー!見て見て!!」と声をかけられたので
「どれどれ」と覗いてみると

2018hoiku006.jpg

筆者 「おー!すごいじゃん!これは大きなザリガニ   とQoo」

子   「Qooは取ってない!!!」

怒られちゃいました(´・ω・`) ※ちゃんと謝りました


皆さんの様子を眺めながら筆者も釣りをしてみた結果、計5匹ほどさっくり
釣ることはできましたが、どれも小ぶりなザリガニばかり。
子ども達のバケツを覗いてみても、今年はやけに小物が多いなーといった印象。


楽しい釣りにはまっていると、いつの間にか迫っていた終了のお知らせ。

2018hoiku007.jpg

ご家族揃ってスタート位置に戻り、それぞれ釣ったザリガニチェック。

2018hoiku008.jpg 2018hoiku009.jpg

「これだけ釣ったんだよー!!」と笑顔で見せてくれた子どもたちをパシャリ。
意外と大きいサイズも釣れているようで、中サイズのザリガニもちらほら。

全員集合したところで、表彰式へ。
一番大きなサイズを釣ったのは誰かな~・・・?

2018hoiku010.jpg

卒園生チーム!  でかっ!!

写真撮る前に、ついつい言葉遣いを忘れた素の発言が出ちゃいました(;´∀`)
しかしさすが光の子といいますか・・・上手だなぁ・・・。

表彰式も終わり、全ての流れが終了した後は

2018hoiku011.jpg

ザリガニを連れて帰る人以外はきちんと元の場所へ。
キャッチ&リリースは釣り人のマナーですよね(`・ω・´)

現地解散になる前に、ご参加頂いた皆様で記念写真を一枚!

2018hoiku012.jpg

早朝にも関わらず、お忙しい中参加頂いた保護者の皆様、卒園生の子ども達に
心から感謝です!!  ( >w<)ノ < ザリガニよ、来年また会おう!!

----------------------------------------------------