≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

桜は桜は美しく散る

某宮殿や、寂しかった僕の庭のように薔薇は咲きません。咲いたのは桜です。
気付けばすっかり葉桜となり、夏に近づくにつれ緑が多くなりました。

つい先日まで大型連休のGWやー! と世間で騒がれていたものの、
気が付けば今日で5月も終わりだというのに、五月病真っ盛りな筆者でございます。
五月病には抗えないので、だらけても仕方ないですよねっ♪( >ω・ )テヘペロッ
・・・とか言っていると雷が落ちてきそうなので真面目にやります。はい。


「GW中に家族でお出かけしてきたよ!」と、子ども達からお土産を頂いて
お腹も心も満たされました。皆様のお心遣いに感謝申し上げます。

さて、本日の内容はチューリップ祭りについて書きたいと思います。

----------------------------------
知ったら楽しい(と思いたい)語源 その3

おみっそな~らっ♪   西京味噌。西京焼き最強。ここがミソ。
そんなお味噌といえば和食の定番である「お味噌汁」。
味噌汁は「味噌を溶かした水(汁)」だから味噌汁じゃないかな?と判断できたものの
お味噌汁の別の言い方 「おみおつけ」。漢字で書くと御御御付。 ギョギョギョ!!
「味噌汁」は何となくわかるものの、「御御御付」って何だろうと思ったので(略


おみおつけとは、「おつけ」=「付ける」という意味で本膳のご飯に付いてくる汁の意。
決して馬鹿にしてるわけではありませんヨ?  < このお(う)つけものめがー!

その「おつけ」に対し、ただでさえ丁寧な分を更に丁寧にしたという説が一つ目。
「おみくじ」「おみ足」「お神輿」「お神酒」のように、「御」が少しずつ増えていった
わけではなく「おみ」で一つの接頭語としてついたという説。
もう一つが味噌を丁寧に言った「御味(おみ)」に「御付け」がドッキング。
くっついたはいいものの、「御味」の字を「御御(おみ)」と間違えて
「御御御付」となった説。

どっちの由来でも、納得できる気がするので  勝負は引き分けっ!!


ちなみに余談ではありますが

ネギ・わかめ・豆腐等 具が少ない場合 = お味噌汁
けんちん汁、豚汁等 具が沢山ある場合 = 御御御付

と、汁より具が上に出るくらい山盛りになっているのを基準で言い分けてたり
するそうですよ? ( ・ω・) ~♪

------------------------------------

~ 4月12日 ~

前日から「明日はチューリップ祭りに行くよー」と先生方の大きな声。
当日は特に天候が荒れる予報もなく、無事遠足が出来ると思いきや

す っ ご い 強 風 

しかし、光の子達は諦めません。強い風が吹いても前に前にと進んでいきます。
人生波乱万丈、追い風の日もあれば向かい風の日だってありますし!


と、良い話だった風に脚色。

chu-rip2017_001.jpg

園を出発して、田んぼ道や川沿いを歩いて舗装道へ。
おおよそ2.6~7km程歩いたところで、中間地点の公園にて一息休憩 ( ・ω・)っ且~~

chu-rip2017_002.jpg

ファイト一発!10秒チャージ動物ゼリー
みんな大好き動物ゼリー。時折頂きます。美味しいです。

休憩が終わった後は、目的地に向けて山下り。
頻繁に通る車に気を付けながら、サイクリングロード横にあるかっぱ広場へ到着。
みんな揃ってかっぱさんと記念撮影やー。

chu-rip2017_003.jpg chu-rip2017_004.jpg

相変わらずの怖さである

なんといいますか・・・こう・・・もうちょっと可愛い感じに・・・(´;ω;`)
2cc9ac48505f440ca2510c50c64a43fc.jpg


記念撮影の後は、最後の直線サイクリングロード(約2km)。
自転車で通っても遠く感じる道のりを、子ども達はえっちらおっちらと歩きます。

そして全員目的地へ到着!!

chu-rip2017_005.jpg

先生から熱い抱擁を受けて、長距離を歩き終えたことを喜びます。
そしていざ、チューリップ祭り会場へ!

テケテンテンテン  テケテンテンテン  テケテンテンテン  テケテンテンテン

chu-rip2017_006.jpg

大道芸(さるまわし)・・・ですって・・・!?

chu-rip2017_007.jpg chu-rip2017_008.jpg

予想もしていなかった大道芸。
看板をチェックしてみると、あの日光猿軍団、太郎次郎一門の方だそうで。
名前は「えみたけお」と書かれていましたが、おさるさんの方が「たけお」君だそうです。

しかし、さすがサルといいますか本職といいますか。
ちょっとした仕草で笑いを取ったり、「無理じゃない!?」というものもさっくり成功させたり。
ハラハラというより、「次は何をやるんだろう?」と期待しながら見てしまう芸でした>w<


さて、そんな素晴らしい猿回しを見せてもらった後はクラスごとに分かれて
本命のチューリップ祭り会場へ。

撮影のために単独行動のお許しがいただけたので、スマホ(i phone 6s)で撮影。

chu-rip2017_009.jpg

一部の花はあまり咲いていなかったものの

chu-rip2017_010.jpg

風車側の広場にはチューリップがたくさん。

chu-rip2017_011.jpg chu-rip2017_012.jpg

さーいーたー♪ さーいーたー♪ (略) あ~か~ し~ろ~ き~い~ろ~♪
でもチューリップの花にしては、つぼみではなくて花びらが広がってる感じが。
こんな感じのチューリップもあるんですかね?教えてください偉い人。

若干ぬかるむ足元に気を付けながら動き回っていたら、綺麗な色の花が咲いてるな~と
カメラを向けてみたら

chu-rip2017_013.jpg

何か(場所が)違う花が咲いていた
きっと球根が混ざったんだろうなーとは思うものの、ピンポイントで1個だけというのが
なんとも言えない雰囲気を醸し出している気がします。


会場をぐるっと一回りした後は、みんな揃って昼食タイム。

chu-rip2017_014.jpg

それぞれビニールシートを敷いて、保育園から配達していただいたお弁当を配り、
手をつないでいただきますの挨拶。

chu-rip2017_015.jpg chu-rip2017_016.jpg

みんな大好きから揚げが入っていたり、プチトマトのちょっとした飾りも。
あひる口で食べる姿がとても可愛い。可愛い。(大切な事なので2回言いました

食べてる様子を撮影していたら、「せんせー!見て見てー!」と呼ばれたので
「はいはい、なんでしょー?」と子どもの方を向いたら

chu-rip2017_017.jpg

目つぶしっ!!
※ お弁当についていたゼリーの動物を見せてくれました

へぁぁ~~・・・目がぁ~~・・・ 目がぁぁぁぁぁぁ~~~~~!! (名台詞

そんなことを考えながら、遅れてお弁当をもぐもぐ。
ふと気づけば、朝から吹いている強風で曇り気味だった空も

chu-rip2017_018.jpg

このような快晴に。でも風が強い。どのくらい強かったかといいますと
風車にある四枚の帆のうち一つを起点として、一番下からスタートした帆が
ぐるっと一周するまでにどのくらい時間がかかるのかと計測したら


1周 6秒弱

あれ!?風車ってもっと優雅に回るものじゃないの!?
・・・それくらい風が強かったんだなぁとしみじみ。

ご飯を食べ終わった後、ピンクさんは一足お先に園バスにて出発。
残ったキイロさん、むらさきさんは河童公園までの道のりを歩き、
舞い戻った園バスにて降園となりました。

園に戻った子供たちは、さすがに歩き疲れたのかバッタリとお昼寝。
みんな本当にお疲れ様でした>w<v


最後にちょっと画質を落としてありますが、ベストショットを一枚。

chu-rip2017_019.jpg

来年のチューリップ祭りも楽しみです(ノω`*)

----------------------------------

~ 4月14日 ~

チューリップ祭りへの遠足から2日。
「こんなに桜が咲いていて天気の良い日に、外に出ないのは勿体ない」
ということで、子ども達を連れて上座公園までお散歩に。

sakura_jouza001.jpg sakura_jouza002.jpg

桜の花が舞い散るトンネルをくぐり抜け、ベンチに全員そろって座り
記念撮影をパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

sakura_jouza_syuugou.jpg

記念撮影が終わった後は、先生方が用意したお団子を

sakura_jouza003.jpg

きなこペタペタ

sakura_jouza004.jpg

大きな口でパクリ
花見団子とはこのことか。
でも子ども達の目にはお団子しか映ってなかったようなないような?(*´~`*)

花見団子 - 花見 = 団子   なるほど。


お腹いっぱい・・・とはいきませんが、花見団子を食べ終わった後は
花びらが舞う青空の下で、い~っぱい遊んで園へ戻りました。

「そういえば上座公園なんて行ったことないなぁ」という方がいらっしゃいましたら
来年の春頃は是非足を運んでみてくださいね。
花見客も来るぐらいのスポットだったりします(ΦωΦ)b




sakura_jouza005.jpg

桜の木の下には・・・


「来年もまたここでお団子が食べたい!」という子供たちの願いが


埋まっている・・・。