2016.12.28 一路少年院へ
清々しい青空が続いている今日この頃。
おかげで空気が乾燥しがちで、朝起きると喉が痛かったりすることが多々あります。


いんふるさん  「お、私の出番やな」


皆様、換気と加湿、うがい手洗いは忘れずに。
ハンガーに濡れたタオルを下げておくだけで一晩中加湿できるのでオススメです>w<
インフルエンザなんてこの世から無くなってしまえばええんや。

さて、本日は15日にお伺いした少年院慰問について書きたいと思います。


----------------------------------------------------------

ちょっとだけびっくりする雑学コーナー


○ 毎年 4月4日 6月6日 8月8日 10月10日 12月12日 は

  必ず同じ曜日になる (50へぇ


○ 体が冷えて寒い時は

  お酒を飲むより唐辛子を摂取したほうが効果がある (20へぇ
  (前者が短期的、後者が持続的)

----------------------------------------------------------



15日早朝。 いつもよりちょっと早い登園時間に集まった子ども達。
教室に集まり、みんなが集まったかなというタイミングで到着した、
少年院の方が出して下さったマイクロバスとワゴン(+保育園のワゴン)に乗って
八街少年院までお出かけしてきました。


ガタガタと揺られること50分。
閑散とした道を抜けて、無事少年院へ到着。
荷物を下ろし、子ども達は舞台へ出るためにお着換え準備。

その間、体育館では職員の方々と多くの若い方々が入場。
(すごくキビキビしていて、しっかりとしてるんだなぁ・・・)と感心していたら


職員 「気を付けぇ!!!!」

ビシッ! ←姿勢を正す


脊髄反射で体が動いてました。大声怖い。

皆さんが着席後、理事長先生からの挨拶と聖歌を歌い、間をあけて子ども達が入場。
先日のクリスマス祝会で発表したページェントを、子ども達は力一杯演じていました。
会場内での拍手がとても暖かかったです。


ページェントが終わった後、天使さん達によるキャンドルサービスを済ませ、
滞りなく子ども達の発表会は終了となりました。


その後控室でみんな揃ってお弁当(昼食)タイム。

子ども達のお弁当を見て回っていたら、すごく良く出来ているアンパンマンのおにぎりや
世界中で人気な夢の国のネズm(ハハッ)、その他可愛らしいキャラクターのお弁当等々、ついつい食べてしまうのが勿体なくなるくらいの出来栄えでした。
お母様方の熱意が素晴らしいです(ノω`*)


昼食が終わった後、控室で先生方によるジェスチャークイズで大盛り上がり。
2問ほど終わったところで、出発までの時間をグラウンドで遊ぶことに。
「院のグラウンドだから、きっと広いんだろうなー」と思っていたら、普通の学校にある
グラウンドより広いんじゃないかなと思うくらいの広さ。

その広さを活かし、子ども達は鬼ごっこ(氷鬼)をやったり、だるまさんがころんだ、
野球のフェンス下にある、子どもの背丈くらいの高さがあるブロック塀を
スタート位置を決めて、端から端まで渡ってみたりと色々工夫をして遊んでました。
何もないところで何かをするという発想力って素晴らしいですよね@w@



子ども達と一緒に遊んでいたらいつの間にやら帰る時間に。
出発前に子ども達のトイレを済ませ、出発準備で整列していたら

サンタさんとトナカイさん発見(゚д゚)

しかも子ども達にお菓子のプレゼントまで。
さらにさらに、サンタさんとトナカイさんの送迎までついていたではありませんか!
子ども達も「サンタさんだー!トナカイだー!」と喜んでいるご様子。


大人にはお菓子くれませんでした。お菓子食べたかったです。


外は冷たい風が吹いて寒く感じた気温も、帰りの車の中では太陽の光が温かく
ぐっすり眠ってしまう子ども達と先生方。筆者も寝たかったです。

男(運転手)はつらいよ(寅さん



保育園に戻った後は子ども達もそのままお昼寝タイム。
起きた後もいつも通り元気に遊んで、年内最後の行事は滞りなく終了となりました。


後日、少年院の方達からお手紙を頂きました。
心のこもった内容に、「子ども達の劇で感動してもらえてよかった」と心から思います。
少年院の皆様方、ありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------

さて、今年もあとわずか4日。
2016年のBlog更新はこれが最後となります。

1年というのはあっという間に過ぎてしまいますね(「・ω・)「
「行事終わったぁー!」 → 「はい、次の行事準備」
という忙しさもあるとは思いますが(=゚ω゚)

また来年も、きっと大変な一年が待っているんだろうなーと考えながらも、
子ども達の成長も見られて充実した一年になるんじゃないかなと思うと
保育って大変だけれど楽しいと思える気がします。


子ども達、又、保護者の皆様、今年も一年お疲れ様でした。
2017年、また来年も皆様にお会いできることを楽しみにしております。よいお年を!