2月に入り、天気予報で「雪が降るぞー!!」と言われても雪が降らず、とても寒くて風も雲も出ているのに
なぜか雪が降らずに「なんでやねん」と突っ込みたくなる今日この頃です。  狼少年ならぬ狼天気予報 
降るなら降ってこーい!!・・・あ、でも通勤が大変になるのでやっぱり降らないでください。

子どもの頃は雪が降ったら嬉しかったのに、大人になると嫌になるという理屈が
身に染みてわかったような気がします(-△-)ウァー


そんな寒さが続く時節柄、やはり現れ始めたのがインフルエンザ。
全国でも爆発的に増えているようで、当保育園にもちらほら対象の方が出ている感じです。
皆様も帰宅をしたら必ず手洗いうがいをし、十分な加湿もしっかりと!!

後、インフル中は脱水症状の危険性もありますのでスポーツドリンクや経口補水液等で
こまめな水分補給も忘れないようにしてくださいね>△<


さて、今回はマラソン大会とお餅つきに関しての内容を別々にご紹介です。
「どちらが早くお餅がつけるか!!」なんてことはやってないのですよ?



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

明日役に立たない豆知識 7


意識しなくても、どこかで目にしたり聞いたりする「元祖」「本家」「本舗」。
記事を書いている筆者もさっぱりわかっていないので、ググえもんに頼んで調べてみました。

「元祖」=ある特定の品を作り出した人。
「本家」=商品として初めて売り出した家や店や場所。
「本舗」=最初に商品を製造して、同時に売り出したところ。

ややこしい。 なので筆者の微妙な頭で考えたところこうなりました。

カステラ作ったポルトガルの人 ←元祖
カステラの作り方を教えてもらい、作って売った商人 ←本家
生キャラメルを独自開発、販売した企業 ←本舗

多分こんな感じじゃないかと(・ω・)間違ってても泣かない。
例えがお菓子なのは大好物だからです。ツッコミ禁止。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★




冬晴れがよく続いた1月中旬頃、子ども達から


「「「マラソン練習いってきまーーーす!!」」」


という元気のいい声が園庭から聞こえました。
マラソンをするのが好きなのか、運動が好きなのか、はたまた両方か。
うちの園の子達ですから、きっと両方ですね(断言

現地に到着した後は、通行する車や人に注意しながら準備運動。

marason0-1.jpg

準備運動が終わった後は、自分達の走るマラソンコースを疾走。

marason0-2.jpg marason0-3.jpg

先生方も一緒に走って子ども達の応援。
ゴール地点では、なんとも愛らしいお子様が応援&お出迎えをしていました。

marason0-4.jpg marason0-5.jpg

なにこの癒し


そんな練習を重ね、絶好のマラソン日和となった晴天の下での大会当日。
会場には保護者の方もたくさん集まって下さいました>w<v

まず最初はあひるさん達によるマラソン開始。
短い距離ではありますが、0~1歳児にとっては意外と距離があるんじゃないでしょうか|ω・`)

marason1.jpg

ダダダッ!!と走るマラソンというより、ポテポテと効果音が聞こえるような聞こえないような走り方(=゚ω゚)
ゴール地点ではカメラマンお父様お母様方、保護者の皆様があひるさんのゴールを待ち構えております。

marason2.jpg marason3.jpg

ゴールに飛び込む、というよりお母様方に飛び込むあひるさん達。

marason4.jpg

お母様方に飛び込む子ども達の写真を見て、「なんでお父さんじゃないんだろう?」と、
唐突に疑問に思ったので再度ググえもん先生にお聞きしてみました。

「自分を保護してくれる存在、一番いつも一緒にいてくれる存在である母親に
全力で頼ることで生きのびようとしているのでしょう。」


との意見を発見。本能的に母親を追い求めるのは、生きる上での重要な事なので
みんなお母さんに飛びつくんでしょうねー。  できればお父さんも追い求めて下さい(切実



本能本能と書いていて、本能寺という文字が頭の中で連想されたわけですが


頭の中 ( 母親 = 本能 → 本能寺 → のぶ&みつひで → 天下  )


あぁ、この世は三日天下ならぬかかあ天下ってことか(゚д゚)  母は強し。




さて、大幅に脱線したので路線修正。
途中転んでしまって泣いてしまう子もいましたが、みんな無事ゴールすることが出来ました♪

marason5-1.jpg marason5-2.jpg

続いてリス組さん達もマラソン開始。

marason5-3.jpg

あひるさん達よりちょっとだけお兄さん・お姉さんになったリス組さん。
走る姿も姿勢もしっかりとしていて、1年違うだけで随分成長するんだなぁ・・・


続いての走者はピンクさん、きいろさんの出番。

marason5-4.jpg


< 二人仲良く1・2フィニッシュ!!



きいろさんともなると、走り方にも力強さと軽やかさがセットに。
男の子だけでなく、女の子も軽やかな走りを見せてくれました>w<

marason6.jpg marason7.jpg marason8.jpg marason9.jpg

ラストを飾るのはむらさきさん。
多分大人でも走ったらきついかなーと思う距離を見事完走していました(((o(*゚▽゚*)o)))

marason10.jpg marason12.jpg marason13.jpg

改めて記事を書いていて思うことは、年齢別の成長が感じられる喜びですね。

あひるさんではこれくらい。リスさんになったらこれくらい。
ピンク、きいろ、むらさきと育ったらこんなにもできるようになっていく。書いててとても楽しい。
たまにこんな面白い瞬間が撮れているのも楽しいと思える瞬間だったり。

marason11.jpg

この写真を選定しているときに、後ろから本人降臨。
当人曰く「この時、僕○○のこと押したりしてないよ!ぶつかってきそうだったから軽く抑えただけ!」と
身を乗り出して力説してくれたので、頭わしわし(なでなで)してあげました(ノω`*)



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



続いてのご紹介は、保護者の皆様と一緒に行われたおもちつき!
望月じゃないですよ。もちつきですよ。

昔の偉い藤原さん「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の かけたることも なしとおもへば」

はい、藤原さん当時にふさわしい傲慢な俳句ありがとうございました。



もちつき当日。マラソン大会と同じように澄み渡った晴天。
先生方曰く「光の子はイベントがあると毎回晴れるのよねぇ~」とのこと。
そのジンクスを破るために雨男・雨女の方募集中です。でも子ども達が悲しむので募集は永遠に中止します。

mochi1.jpg mochi2.jpg

朝早くから保護者の皆様が準備して下さったおもちつき会場。
大人たちがお餅を準備している様子を見ながら、子ども達の目もキラキラ。

餅をつく準備が整った後、あひるさん→りすさんと順番にお餅をつき始めました。

mochi3.jpg mochi4.jpg
mochi5.jpg mochi6.jpg mochi7.jpg mochi8.jpg

泣いちゃってる子は自分でお餅をついてみたかったのかな?( ゚ω゚ )

あひるさん・りすさんが終わった後は、ピンクさん→きいろさんの順番で進行。

mochi9.jpg mochi10.jpg mochi11.jpg


男の子の顔・・・そうか、これがドヤ顔か(違います
ピンクさん&きいろさんが終わった後は、続いてむらさきさん・・・の前に


mochi12.jpg

< よいしょー!!



先生がお餅をつく番でした( ・`ω・´)
そしていよいよむらさきさんの番!   ・・・の前に

mochi13.jpg

< よいっしょぉぉぉぉ!!!!!



園長先生の出番でした(=゚ω゚) さすが男性、力強さが違う。
迫力のあるもちつきを見た後は、やっとこむらさきさん達の番へ。

mochi14.jpg mochi14-2.jpg mochi15.jpg mochi14-3.jpg

子供用の杵とはいえ、意外と重さがあるとは思ったのですがさすが男の子。
振りかぶる力強さが伝わってくる一枚ですヾ( ゚∀゚)ノ゙
女の子も力強い・・・というと、なんだか-5℃くらい冷えた目線が飛んでくる気がします。可愛いよ、うん。


子ども達がついたお餅はお遊戯室へ運ばれてお母さま方による味付け作業。

mochi16.jpg

海苔、あんこ、きなこ、納豆・・・お餅好きにはたまらないラインナップ♪
筆者は餅が食べられないので匂いだけを楽しんでました。う~ん、いい匂い。


「お餅食べられないとか、人生の10割損してるね」  ←筆者の友人談。

別に食べれなくても幸せだもん・・・損なんかしてないもん・・・(m´・ω・`)m


mochi17.jpg mochi18.jpg

ほっぺたが落ちそうなくらい良い笑顔でお餅を食べる子ども達。
こんな笑顔になれるような食べ物なら挑戦してみようかな~・・・でも食べません。
子ども達が幸せそうならそれでいいんです(っ*´ω`)っ子供は国の宝やで



そんなこんなで2016年が始まって最初の大きなイベントが無事終了。
次回の更新は、2月10日に行われた卒園生の自主遠足の様子をご紹介する予定です。

気付けば2月も中盤、卒園まで1ヶ月を切ったといったところでしょうか。
ちょっとペースを速めてサクサク更新出来たらいいなと思いつつ、コツコツ頑張りたいと思います。