4月は雨が多く、慣らし保育も室内が多かっ子どもたちでしたが、
天気の合間をぬって外でかざぐるま作りやかぶと折りなど、自由に初夏を感じていました。

その様な中、長いゴールデンウィーク明け、光の子に大きな箱の贈り物が届きました。
中には、大きなお魚がぎっしり!!
光の子の先生のご親戚、鈴木さんから獲れたての鯛やさば、あじを送っていただきました。

さっそく魚拓をとってみると、美しいうろこのなみ~
「屋根より高い~~♪」
とこいのぼりの歌が園内にひびきわたりました。

あまりに楽しいので一人ずつ魚拓をとり、その後きれいに洗って炭火で塩焼き。
先生たちに身どってもらい、大きな魚は骨だけになりました。
子どもたち骨の大きさにもびっくり!!

その後、お昼寝の添い寝をしていた先生に、3歳児の男の子がぼそっと
「先生、たい、おいしかったね」
と言って寝たそうです。
お魚の命をいただいて、皆大きくなろうね。

おさかないっぱい たい、あじ、さばです
魚拓01

まず、みんなで触ってみます。
魚拓12 魚拓13

魚拓14 魚拓15

魚拓を取るために墨を塗ります。
魚拓23 魚拓24 
魚拓22 魚拓26

和紙をかぶせます。
魚拓31 魚拓34
 魚拓35 魚拓32

出来上がり~♪
魚拓41 魚拓42
魚拓43 魚拓44
魚拓45 魚拓46

最後に、おさかなをいただきます。
魚拓51 魚拓52
魚拓53 魚拓54
魚拓55 魚拓56 魚拓57