Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

千葉県佐倉市 光の子保育園のブログです

桜は桜は気高く咲いて 

桜は桜は美しく散る

某宮殿や、寂しかった僕の庭のように薔薇は咲きません。咲いたのは桜です。
気付けばすっかり葉桜となり、夏に近づくにつれ緑が多くなりました。

つい先日まで大型連休のGWやー! と世間で騒がれていたものの、
気が付けば今日で5月も終わりだというのに、五月病真っ盛りな筆者でございます。
五月病には抗えないので、だらけても仕方ないですよねっ♪( >ω・ )テヘペロッ
・・・とか言っていると雷が落ちてきそうなので真面目にやります。はい。


「GW中に家族でお出かけしてきたよ!」と、子ども達からお土産を頂いて
お腹も心も満たされました。皆様のお心遣いに感謝申し上げます。

さて、本日の内容はチューリップ祭りについて書きたいと思います。

----------------------------------
知ったら楽しい(と思いたい)語源 その3

おみっそな~らっ♪   西京味噌。西京焼き最強。ここがミソ。
そんなお味噌といえば和食の定番である「お味噌汁」。
味噌汁は「味噌を溶かした水(汁)」だから味噌汁じゃないかな?と判断できたものの
お味噌汁の別の言い方 「おみおつけ」。漢字で書くと御御御付。 ギョギョギョ!!
「味噌汁」は何となくわかるものの、「御御御付」って何だろうと思ったので(略


おみおつけとは、「おつけ」=「付ける」という意味で本膳のご飯に付いてくる汁の意。
決して馬鹿にしてるわけではありませんヨ?  < このお(う)つけものめがー!

その「おつけ」に対し、ただでさえ丁寧な分を更に丁寧にしたという説が一つ目。
「おみくじ」「おみ足」「お神輿」「お神酒」のように、「御」が少しずつ増えていった
わけではなく「おみ」で一つの接頭語としてついたという説。
もう一つが味噌を丁寧に言った「御味(おみ)」に「御付け」がドッキング。
くっついたはいいものの、「御味」の字を「御御(おみ)」と間違えて
「御御御付」となった説。

どっちの由来でも、納得できる気がするので  勝負は引き分けっ!!


ちなみに余談ではありますが

ネギ・わかめ・豆腐等 具が少ない場合 = お味噌汁
けんちん汁、豚汁等 具が沢山ある場合 = 御御御付

と、汁より具が上に出るくらい山盛りになっているのを基準で言い分けてたり
するそうですよ? ( ・ω・) ~♪

------------------------------------

~ 4月12日 ~

前日から「明日はチューリップ祭りに行くよー」と先生方の大きな声。
当日は特に天候が荒れる予報もなく、無事遠足が出来ると思いきや

す っ ご い 強 風 

しかし、光の子達は諦めません。強い風が吹いても前に前にと進んでいきます。
人生波乱万丈、追い風の日もあれば向かい風の日だってありますし!


と、良い話だった風に脚色。

chu-rip2017_001.jpg

園を出発して、田んぼ道や川沿いを歩いて舗装道へ。
おおよそ2.6~7km程歩いたところで、中間地点の公園にて一息休憩 ( ・ω・)っ且~~

chu-rip2017_002.jpg

ファイト一発!10秒チャージ動物ゼリー
みんな大好き動物ゼリー。時折頂きます。美味しいです。

休憩が終わった後は、目的地に向けて山下り。
頻繁に通る車に気を付けながら、サイクリングロード横にあるかっぱ広場へ到着。
みんな揃ってかっぱさんと記念撮影やー。

chu-rip2017_003.jpg chu-rip2017_004.jpg

相変わらずの怖さである

なんといいますか・・・こう・・・もうちょっと可愛い感じに・・・(´;ω;`)
2cc9ac48505f440ca2510c50c64a43fc.jpg


記念撮影の後は、最後の直線サイクリングロード(約2km)。
自転車で通っても遠く感じる道のりを、子ども達はえっちらおっちらと歩きます。

そして全員目的地へ到着!!

chu-rip2017_005.jpg

先生から熱い抱擁を受けて、長距離を歩き終えたことを喜びます。
そしていざ、チューリップ祭り会場へ!

テケテンテンテン  テケテンテンテン  テケテンテンテン  テケテンテンテン

chu-rip2017_006.jpg

大道芸(さるまわし)・・・ですって・・・!?

chu-rip2017_007.jpg chu-rip2017_008.jpg

予想もしていなかった大道芸。
看板をチェックしてみると、あの日光猿軍団、太郎次郎一門の方だそうで。
名前は「えみたけお」と書かれていましたが、おさるさんの方が「たけお」君だそうです。

しかし、さすがサルといいますか本職といいますか。
ちょっとした仕草で笑いを取ったり、「無理じゃない!?」というものもさっくり成功させたり。
ハラハラというより、「次は何をやるんだろう?」と期待しながら見てしまう芸でした>w<


さて、そんな素晴らしい猿回しを見せてもらった後はクラスごとに分かれて
本命のチューリップ祭り会場へ。

撮影のために単独行動のお許しがいただけたので、スマホ(i phone 6s)で撮影。

chu-rip2017_009.jpg

一部の花はあまり咲いていなかったものの

chu-rip2017_010.jpg

風車側の広場にはチューリップがたくさん。

chu-rip2017_011.jpg chu-rip2017_012.jpg

さーいーたー♪ さーいーたー♪ (略) あ~か~ し~ろ~ き~い~ろ~♪
でもチューリップの花にしては、つぼみではなくて花びらが広がってる感じが。
こんな感じのチューリップもあるんですかね?教えてください偉い人。

若干ぬかるむ足元に気を付けながら動き回っていたら、綺麗な色の花が咲いてるな~と
カメラを向けてみたら

chu-rip2017_013.jpg

何か(場所が)違う花が咲いていた
きっと球根が混ざったんだろうなーとは思うものの、ピンポイントで1個だけというのが
なんとも言えない雰囲気を醸し出している気がします。


会場をぐるっと一回りした後は、みんな揃って昼食タイム。

chu-rip2017_014.jpg

それぞれビニールシートを敷いて、保育園から配達していただいたお弁当を配り、
手をつないでいただきますの挨拶。

chu-rip2017_015.jpg chu-rip2017_016.jpg

みんな大好きから揚げが入っていたり、プチトマトのちょっとした飾りも。
あひる口で食べる姿がとても可愛い。可愛い。(大切な事なので2回言いました

食べてる様子を撮影していたら、「せんせー!見て見てー!」と呼ばれたので
「はいはい、なんでしょー?」と子どもの方を向いたら

chu-rip2017_017.jpg

目つぶしっ!!
※ お弁当についていたゼリーの動物を見せてくれました

へぁぁ~~・・・目がぁ~~・・・ 目がぁぁぁぁぁぁ~~~~~!! (名台詞

そんなことを考えながら、遅れてお弁当をもぐもぐ。
ふと気づけば、朝から吹いている強風で曇り気味だった空も

chu-rip2017_018.jpg

このような快晴に。でも風が強い。どのくらい強かったかといいますと
風車にある四枚の帆のうち一つを起点として、一番下からスタートした帆が
ぐるっと一周するまでにどのくらい時間がかかるのかと計測したら


1周 6秒弱

あれ!?風車ってもっと優雅に回るものじゃないの!?
・・・それくらい風が強かったんだなぁとしみじみ。

ご飯を食べ終わった後、ピンクさんは一足お先に園バスにて出発。
残ったキイロさん、むらさきさんは河童公園までの道のりを歩き、
舞い戻った園バスにて降園となりました。

園に戻った子供たちは、さすがに歩き疲れたのかバッタリとお昼寝。
みんな本当にお疲れ様でした>w<v


最後にちょっと画質を落としてありますが、ベストショットを一枚。

chu-rip2017_019.jpg

来年のチューリップ祭りも楽しみです(ノω`*)

----------------------------------

~ 4月14日 ~

チューリップ祭りへの遠足から2日。
「こんなに桜が咲いていて天気の良い日に、外に出ないのは勿体ない」
ということで、子ども達を連れて上座公園までお散歩に。

sakura_jouza001.jpg sakura_jouza002.jpg

桜の花が舞い散るトンネルをくぐり抜け、ベンチに全員そろって座り
記念撮影をパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

sakura_jouza_syuugou.jpg

記念撮影が終わった後は、先生方が用意したお団子を

sakura_jouza003.jpg

きなこペタペタ

sakura_jouza004.jpg

大きな口でパクリ
花見団子とはこのことか。
でも子ども達の目にはお団子しか映ってなかったようなないような?(*´~`*)

花見団子 - 花見 = 団子   なるほど。


お腹いっぱい・・・とはいきませんが、花見団子を食べ終わった後は
花びらが舞う青空の下で、い~っぱい遊んで園へ戻りました。

「そういえば上座公園なんて行ったことないなぁ」という方がいらっしゃいましたら
来年の春頃は是非足を運んでみてくださいね。
花見客も来るぐらいのスポットだったりします(ΦωΦ)b




sakura_jouza005.jpg

桜の木の下には・・・


「来年もまたここでお団子が食べたい!」という子供たちの願いが


埋まっている・・・。

カテゴリ: 光の子保育園イベント

Trackback: --   Comment: --   

光の子入園式2017 

雪は(降らないので)溶けてませんし、川になって流れてもいません。
つくしの子ではなく、光の子がキラキラした笑顔で先生方へ顔を(見せに)出します。

元気ですかー!!

というわけで春一番が吹いて随分と温かくなってきました。
ですが夜になると冷たい風が吹いてまだまだ肌寒かったりと気温差が厳しかったりも。
体調不良気味の子ども達も多い今日この頃、皆様お体に十分お気を付け下さい。


さて皆様、先日の22日に行われたイースター&親子遠足2017。
朝早くから現地まで足を運んでいただき、誠にありがとうございました。

2~3日前から当日は雨が降るという予報が出ていて正直ひやひやしていましたが、
当日は曇り空からの、時折木漏れ日が出来るくらいの陽射しも出ていて
雨に降られることもなく、無事終了することができました。
当日の様子については、次回の記事に書きたいと思います。お楽しみに(@w@)

本日の記事は、7日に行われた入園式の様子をご紹介です。

--------------------------------------
知ったら楽しい(はず)語源コーナー その2

入園式から2週間ほど経ち、あまり聞かなくなりましたが
登園してお母さんと離れ、寂しくなって「ママー!」と泣く子がちらほらと。
「やっぱり母親と離れるのは寂しいよねぇ~」と考えていたら
「「ママ」「お母さん」って、語源はなんじゃろ?」と思ったので調べてみました。


ママ…生後4か月頃から意思表示を表すために、「まー」「ばー」「ぱー」「だー」等、
    子音を交えた喃語を話す。これはロシアの言語学者の方曰く、全世界共通。
    最初は「母親」という意味で捉えておらず、そう発音することによって
    授乳してくれる存在を「ママ(母親)」と認識していくそうです。
    
    ちなみにパパと呼ぶ由来はママと呼ぶ由来ほど明確ではないらしいですが、
    キリスト教においては神は「父」と呼ばれ、ヘブライ語の「アッバ」
    (「父ちゃん」「パパ」の意)という幼児語が当てられており、
    畏怖の対象というより親しい存在とされているそうで。
    つまりパパって素晴らしい存在ってことですかね(=゚ω゚)
    ママも同じくらい素晴らしいですが。

お母さん・・・武家の母や妻を「御方様(おかたさま)」と呼んでいたことに由来。
    「おかたさま」から夫が妻を「かたさま」と言うようになり、子どもが
    それを真似て「かかさま」「かあちゃん」「かか」「おっかあ」を経て
    現在の形へ変化したそうです。
    上流階級では「おかあさま」、庶民階級では「おっかさん」「おっかぁ」が
    使われている中、明治末期の「国定教科書」で「お母さん」が採用

    されたらしいのですが・・・

    上流 「おかあさまより丁寧じゃない(丁寧に感じない)」
    庶民 「おっかさんより馴染みがない(使いにくい)」
    
    という理由から最初はあまり馴染まなかったそうですが、
    時代とともに違和感を感じる人が減り、現代では最も一般的な敬称へ
    変化していったたそうです。

    ちなみに、「お父さん」は家族の大黒柱という「尊い人」から変化したという
    由来みたいですよ(ΦωΦ)ウフフフフ

--------------------------------------

4月7日朝、いつもは私服の子ども達も園服でピシッとした恰好でお遊戯室へ。

2017nyuuen001.jpg

見慣れない格好になると、普段から可愛い子ども達の可愛さが
10倍~20倍くらいになりますね(=゚ω゚)
もしくは、可愛さというより未満児ちゃん達もお兄さんお姉さんになった感じですかね?

そんな様子を眺めながら、子ども達も保護者の方も集まったところで
入園式がスタートです。

2017nyuuen002.jpg 2017nyuuen003.jpg

まずは職員による司会挨拶から、子ども達と一緒に歌ったり身体を動かして
みんなで楽しんだ後は、園長先生による挨拶へ。

2017nyuuen004.jpg

スーツが似合う人っていいなぁ(羨望
園長先生のお話の後は、各クラス担任の紹介へ。

2017nyuuen005.jpg 2017nyuuen006.jpg
2017nyuuen007.jpg 2017nyuuen008.jpg
2017nyuuen009.jpg

元気はつらつ、各クラスT!(T=ティーチャー

新年度も先生方は元気いっぱい。子ども達に負けないパワーたっぷりです。

先生方の挨拶が終わり、続いて行われたのは

2017nyuuen010.jpg

先生方による劇の発表会ヾ(・∀・)ノ
色々なものを集めるのが好きなモグラさん。途中で見つけた胸元に大きなポケットのついた
サロペット(←クリックすると参照画像)がどうしても欲しくなったモグラさんは、
自分の洋服を作る為に材料を集めることにしました。

2017nyuuen012.jpg 2017nyuuen013.jpg

道中、「材料を集めてきたら作ってあげるよ」というザリガニ(エビカニ)さんと出会い、
スズメさんや草花、ハリネズミさん、カエルさん、コウノトリさん等々、色々な動植物たちに協力してもらってようやく材料が集まり

2017nyuuen014.jpg

念願の洋服を手に入れたよ!!
大きな胸ポケットに自分の集めた宝物を大切にしまい込んで
幸せいっぱいのモグラさんなのでした。

先生方の楽しい力作劇が終わり、入園式も無事終了。
子ども達も、自分達の新しいクラスへ先生方と一緒に戻っていきました。

お忙しい中、入園式にご参列頂きました保護者の皆様、ありがとうございました>w<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


入園式の日の午後、唐突に

「こんにちはー!!」

と大きな声。びっくりして見てみると、なんと、卒園生達が「小学生になったよ!」と
姿を見せに来てくれたではありませんかヾ(o´∀`o)ノ

2017nyuuen015.jpg 2017nyuuen017.jpg

みんなスーツにネクタイ、可愛らしい洋服・・・おしゃれさんですねぇ(ノω`*)

2017nyuuen016.jpg

< ぼくを写すならマネージャーを(嘘


よし、未来のじゃにぃず発見。サイン貰っておかなきゃ。
光の子発のアイドル誕生・・・ 待 っ て ま す (ΦωΦ)b

(写真の写り具合に)自己満足している間に、他の卒園生達もご到着。

2017nyuuen018.jpg 2017nyuuen021_201704251704094bd.jpg

真新しいランドセルにみんな興味津々。ランドセルだけじゃなく、中身の教科書にも。
他の卒園生達の新品ランドセルを見ていて、最近のランドセルは色やデザインが豊富で
ちょっとうらやましいなーと思ったり。「男は!女は!」な時代でしたからねー・・・( =ω=)(トオイメ

男の子が赤というならわかる気がするんですけどねー
※ 戦隊モノ ⇒ 赤 ⇒ リーダー ⇒カッコイイ!
女の子のイメージカラーは・・・・・・・・・・・ピンク?(´・ω・`)(戦隊モノのイメージ


そんな様子を撮影していたら、先生方の提案で集合写真を撮影しようという事になったので
お遊戯室へ移動することに ((((((((((っ・ω・)っ [お遊戯室]
卒園してからあまり日数は経っていないものの、やっぱり先生方と会えるのが嬉しい様子。

2017nyuuen019.jpg

写真を撮ろうと子ども達を見ていたら、女の子たちは先生と笑顔で会話。
男の子たちは久々に集まった楽しさからか大はしゃぎ。飛び回ったり走り回ったりと
ものすごく対照的な図でした(゚д゚)

はしゃぎまわってる子ども達を落ち着かせた後は、みんな揃って記念撮影。
撮影が終わった後、(入学式終了の)時間のずれで遅れた子ども達も到着。

2017nyuuen020.jpg

先生の熱い抱擁でお出迎えです(ノω`*)
短い時間ではありましたが、子ども達それぞれ思い思いの時間を過ごした後、
保護者の皆さんと一緒に帰られていきました。

「小学生になったよー!!」と報告に来てくれることは勿論嬉しいですが、
何より、みんなそれぞれの学校へ行くことになっても、元気に過ごしてくれている事が
先生方にとって一番嬉しい事だと思います。はい。筆者もすごく嬉しいです。

時折、何か良いことがあったり、悲しい事があったり、何か相談したいと思った時、
また光の子に来てくれることを願いつつ、在園の子達と一緒に今日も一日を大切に
過ごしているのでした~。

カテゴリ: 光の子保育園イベント

Trackback: --   Comment: --   

卒組ドッジボール 

先日の夕方~夜にかけて大きな雷が鳴り響いて、もう春が来るんだなぁと
感じていたら、桜の花も満開になりポカポカ陽気に包まれている今日この頃です。

遅くなりましたが、子ども達、そして保護者の皆様。
新入園、御進級おめでとうございます。
新年度を迎え、みんなのお兄さんお姉さんになった旧きいろさん&ピンクさん。
未満児クラスからファミリーさんに上がってとまどい気味の旧りす組さん。
ですが時間が経つにつれて、進級前にファミリーさんと一緒に過ごす時間があったことで
普段通りの生活が出来ているようでホッとしております。

今年度も変わらず行事がいっぱいな光の子生活が始まりますが
幼児期に大切なことがいっぱいいっぱい詰まっております。
子ども達にも、また、保護者の皆様にも「光の子でよかった」と思っていただけるよう
今年も職員一同頑張っていきたいと思います。

皆様、今年度も何卒宜しくお願い致します。


さて、本日の更新は新入園式について・・・と思ったのですが、
「まずはこちらから紹介しておかねば!」と思い、
3月16日に行われた卒組式と、急遽行われたドッジボール戦について
ご報告したいと思います@w@

------------------------------------------------------
~ 知ったら楽しい?語源コーナー ~

当然のように使っている日本語。
ふと「〇〇って、どういう由来でそんな名前なんだろうか?」と思ったので
ご紹介したいと思います。

〇 皮肉を言う  ・・・何故皮と肉?

元の語源は中国禅宗の達磨大師の「皮肉骨髄(ひにくこつずい)」が由来。実は仏教語。
「我が皮(肉・骨・髄)を得たり」と、大師が弟子に対し評価した言葉であり
骨・髄は「要点・心の底」という「本質の理解」を意味し、皮・肉は表面にあることから
「本質を理解していない」という非難の言葉となり、皮肉だけが欠点を指摘する意味で
使われているらしいです。  


筆者 「つまり、人体模型より骨格標本の方が素晴らしい、と。」
?? 「その例え方はおかしい。」

------------------------------------------------------


3月16日の朝。今日は今まで過ごした組を卒業する「卒組式」。
子ども達の元気な声が廊下を通り過ぎてお遊戯室へ向かっていきます。

sotsukumi2017_001.jpg

お遊戯室に入り、きちんと着席した後は
園長先生による  落語  卒組式開始のお言葉をいただきます。

sotsukumi2017_002.jpg


< ここらで一杯
     お茶が怖い



園長先生のお話の後は、むらさきさんによる司会進行で進みます。

sotsukumi2017_003.jpg

まずはあひるさんからスタート (>w<)

sotsukumi2017_004.jpg

卒組・・・ではなく、今年もまだあひるさんな子ども達から。
アンパンマンの前掛けがカッコイイ&気づけばカメラ目線な所もGOOD(=゚ω゚)b

お次はあひるさんからりすさんへ上がる子ども達。

sotsukumi2017_005.jpg sotsukumi2017_006.jpg
sotsukumi2017_007.jpg

つい先日までハイハイしてた子が気づけば歩き、走り周り、そして今ではりすさんに。
そんな子ども達の成長を見ていて、すごく嬉しくなると同時に

「早く感じる程、歳取ったんか自分・・・」

とも思ってしまう今日この頃。誰か若返りの薬作ってくれないかなー(´;ω;`)(夢物語

現実逃避をしている間に、お次はりす組さんからファミリーさんへのステップアップ組。

sotsukumi2017_008.jpg sotsukumi2017_009.jpg

未満児さん組だったりすさん達も、気付けばファミリーさんの仲間入り。
これからは今までと同じようで、ちょっと違う世界(むらさき&きいろのお兄さんお姉さんが一緒)での生活に。
少しずつ慣れながら頑張って過ごせるように見守っていきたいですね。

さて、続いてはピンクさんからきいろさんへ組。

sotsukumi2017_010.jpg sotsukumi2017_011.jpg
sotsukumi2017_012.jpg

このクラスの子は、おしゃれさんが多い!!
かわいいドレスを着た子が多くて、カメラマン魂が揺さぶられました(ΦωΦ)
カメラマンじゃないんですけどね。いや、本当に。

「みんなおしゃれさんだなぁ・・・」とカメラをぐる~っと向けていると

sotsukumi2017_013.jpg


< 暇。


こらこらむらさきさん。これから小学校へ上がるお兄ちゃんがその態度はダメデスヨ?
でも自分の出番がないと、暇になっちゃう気持ちは解らなくもない・・・かな(´・ω・`)

式次第は順調に進み、きいろさんからむらさきさん組の番。

sotsukumi2017_014.jpg sotsukumi2017_016.jpg

今まで上にいたむらさきさんが小学校へ進級すると同時に、丁度中間だったきいろさんから
みんなの一番上になるむらさきさんへ。
真面目な子が多いので、新年度のむらさきさんはきっとしっかりした先輩になるでしょう。

sotsukumi2017_015.jpg


<先生と同じカメラ~♪(の真似)


・・・・・・ん。これくらいおちゃめな所があってもいいかも。


全員が卒組式を終えた後、年度末に渡せなかった子へのFunFunの証書授与と

sotsukumi2017_018.jpg sotsukumi2017_019.jpg

むらさきさんの女の子が描いた夏の思い出の絵が
毎日新聞社の絵画コンクールで特別賞を頂いたとのことで

sotsukumi2017_017.jpg

主任先生から賞状が手渡されました@w@
夏祭りで行われた太鼓演奏の絵は、力強くもしっかり描けていて素晴らしかったです♪

賞状の授与が終わり、卒組式も滞りなく終了となりました。
卒園式、そして卒組式と無事終了し、新年度に向けて新たな一歩を
踏み出す節目になったと思います(=゚ω゚)




さて、これだけでは終わらない光の子。
ゆっくり昼食を取っていると、ファミリーの先生方から

「ドッジボールをやるので、参加出来る方はお願いしまーす」

とのお声がけが。外に出てみると

dotti2017_001.jpg

 ひかりのこのおんなのこが
 しょうぶを しかけてきた!


ゆけっ! しょくいん(のみなさん)!  (ポ〇モン風

dotti2017_002.jpg

というわけで、むらさきさんチーム VS 大人チーム という対戦カードです。
一戦目は筆者も参戦していたので写真はありませんが、ダイジェストでお送りします。

------------------------
筆者 「ふはははは、子供の球なぞ当たらなければどうということh」

子供 「ていっ」   ボスッ

審判 「筆者先生、アウト―」
------------------------

以上。期待は裏切りません。

何が大変だったかって、子ども達サイズのコートの広さに対して
大人が10名以上と言えばわかっていただけるでしょうか

しかし、さすがは大人チーム。適格にボールを当てて大人チームの勝利(`・ω・´)
これで終わりかと思いきや、子ども達から泣きのもう一戦コール。
次戦は虫取りじゅんちゃん(先生)が特別参戦して下さったので、第二戦目へ。

じゅんちゃんと愉快な子ども達 

      VS 

狭くて逃げにくい大人チーム


dotti2017_003.jpg dotti2017_004.jpg


ものすごくやる気に燃えている子どもチーム。
負けじと気合を入れ直す大人チーム。


dotti2017_005.jpg

そして戦いを告げるゴングの音が、いま!!   ピピーッ(笛)

dotti2017_006.jpg dotti2017_007.jpg
dotti2017_008.jpg

参戦していた一戦目は集中しすぎて周りがちょっと見えていなかったけれど、
二戦目は見学に回って見ていたら、子ども達も先生方も、なんと楽しそうな笑顔なことか。
子ども達も「こっちこっち!」「パス!パス!!!」と大声で叫びあったり、先生方も
大きな笑い声をあげながら、子ども達と楽しそうに遊んでいたり。見てるこちらもホッコリ。

そんな楽しそうな戦いも決着の時を迎えます。

dotti2017_009.jpg

大人チームの2連勝。園長先生ガッツポーズ╭( ・ㅂ・)و
むらさきさん達リベンジならず。なんだか不満そうな顔がずら~り。
「このまま3戦目!?」と思いきやお開きの時間となりました。

泣きの二戦目も勝てず、悔しさのあまり泣いてしまう子も。

dotti2017_010.jpg

その悔しさを忘れず、いつかリベンジしに遊びに来るんやで╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

皆が部屋に戻ったのを見届けて、むらさきVS職員ドッジボール大会は閉幕となりました。
リターンマッチを挑まれる前に、普段から逃げる練習をしておこうと思った卒組式なのでした~。

カテゴリ: 光の子保育園イベント

Trackback: --   Comment: --   

第37回 光の子保育園卒園式 閉幕 

今日は早朝から雲も少なく、差し込む光がとても暖かい青空。
そして、忘れもしない東日本大震災から6年という月日が流れました。
そんな日ではありますが、本日、光の子保育園の卒園式を迎えました。


卒園式に向けて、子ども達は毎日のように楽器の演奏や歌の練習に力を入れてきました。
事務室に「楽器取りにきました!!」と大声で言いながら、重たい楽器を運んでいく姿を
見ていて、子ども達の成長を感じると共に「もう卒園が近いのか」という寂しさをひしひしと
感じながら、遠くから漏れてくる子ども達の歌声・音楽を聴いていました。

今日の卒園式では、今までの行事のように「うまく行くのだろうか」という不安は一切なく、
「ああ、とうとうこの日を迎えたんだな」という、嬉しさと寂しさがじんわり。


来賓の方の挨拶や、後援会会長、園長先生の挨拶等も順調に進み、所々の話の中に
万感の思いが籠っていて、聞いている方も胸に熱いものがじわじわきました。
子ども達の演奏では、まさかの先生方一人ひとりへのお礼の言葉があり、唐突なサプライズに
今まで我慢しかけた涙腺が決壊しそうでした。堪えました。  が、鼻から汗として出ました。ずずーっ。

式の最後では、やはり泣いている子もいれば元気いっぱいな子と十人十色。
4月に入れば、今までの友達と離れ、それぞれの小学校へ行くことへの
不安と期待が入り混じっていると思います。

でも、その辛い気持ちを乗り越えて、小学校でも新たな友達と元気で過ごしてくれる
ということが、先生方や保護者の皆様の願いだと思います。



卒園生(むらさきさん)達、寂しい気持ちを乗り越えて、小学校でも頑張ってね!
何か困ったことがあれば、光の子の先生方はいつでも受け入れてくれるからね。

卒園される子ども達の保護者の皆様、今まで沢山の力添えを頂き、本当にありがとうございました。
感謝してもしきれないところがありますが、この場を借りて御礼申し上げます。

後援会の皆様、行事や色々な面でのサポート、本当に先生方も助けられました。
来年度もまた大変な事があるかとは思いますが、何卒よろしくお願い致します。


本日はお忙しい中、光の子保育園卒園式にご参列頂き、誠にありがとうございました。



2016nend_sotuen001.jpg 2016nend_sotuen002.jpg 2016nend_sotuen003.jpg

カテゴリ: 光の子保育園イベント

Trackback: --   Comment: --   

国立 版画動物科学館(混ぜるな危険) 


気付けばもう2月も終わり、早3月。他の月より2~3日少ないだけで
随分と少なく感じるものです(゚д゚)
そして3月といえばそう、卒園・卒業シーズンです。

子ども達も、いつもよりはしゃいでみたり大人しかったりとちょっと不安定。
筆者も子供・学生だった頃は、この時期になるとなんとも言えない感覚で、
毎日が楽しいのか悲しいのか解らない感じだったのを思い出します。
一言で言ってしまえば「感傷的」といった感じでしょうか(´・ω・`)

むらさきさんにとっては残り少ない時間ですが、「卒園が悲しい・悲しかった」という思い出より
「卒園まですっごく楽しかった!」という思い出が残るように、一日一日を大切に過ごして
いきたいと思います。




さて、本日の内容はむらさきさんの自主遠足と
hanger.jpg
の話になります。
見てくれている皆様に、いつでも真心込めた猛吹雪(おやじギャグ)を。


------------------------------------------------------

今回の豆知識は 作者「休病」( 3月なのに5月病 )の為 休載となります(=゚ω゚)ウフフ

------------------------------------------------------


1月の後半、子ども達が鏡を見ながら板に何を書いているのかと思いきや、
版画を作るための自画像を描いていたようで。
みんな自分達の特徴をきちんと掴んで描いていて、絵心あるなぁ~と感心。

2月に入る頃、子ども達が真剣になって彫刻刀を使って自画像を彫り彫り。

hangahori_2017_001.jpg hangahori2017_002.jpg hangahori2017_003.jpg

途中、一緒になって彫りを手伝っていたものの出来栄えよりも先に
スパっと指を切ったりしないかどうかハラハラしながら見ていたのが私です。

子ども達全員、無事版画彫りが終了。そして2月9日の午前中

hanga2017_001.jpg hanga2017_002.jpg

お遊戯室に集まって、いよいよ版画を擦り始めます。
モンテの先生に、版画に使う道具、版画の説明を受けていざ実践。
先生と一緒に、パレットの上にインクを垂らしてローラーにしっかりとインク付け。

hanga2017_003.jpg hanga2017_004.jpg
hanga2017_005.jpg

版画にインクを付ける時は、色が薄いところがないようにしっかりとローラーでゴロゴロ。
先生方に「もっとしっかり色つける!!」と言われながらゴロゴロゴロゴロ。

版画全体が黒く塗れたところで、とうとう本番の紙転写へ。

hanga2017_006.jpg hanga2017_007.jpg
hanga2017_008.jpg hanga2017_009.jpg

強くこすると紙が破けるし、逆に弱すぎても綺麗に転写されず。
はがす時も強すぎれば・・・という繊細な作業を、ゆっくりゆっくり慎重を重ねて

hanga2017_010.jpg hanga2017_011.jpg
hanga2017_012.jpg

上手にできました~♪

無事完成した作品を見て、みんな良く出来ているなぁと感心すると同時に
誰一人失敗することなく、全員綺麗な作品を作り上げたことにもびっくり@w@
是非皆様の御家庭で家宝にどうぞ(ΦωΦ)


さて、この版画の写真。
実は数枚、筆者ではなくむらさきさんの子が撮影したものが混ざっております。
解答は記事の一番下に掲載してありますので、
是非、どの写真が子どもの撮った写真かご考察あれ♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


版画擦りが終わった翌日の2月10日。今日はむらさきさんの自主遠足の日(・ω・)
天気も快晴、風も若干冷たく感じる程で、絶好の遠足日和。

jisyuen2017_001.jpg

駅に続々と集合する子ども達。
みんな遠足当日を楽しみにしていたようで、待っている間もワイワイ大騒ぎ(*´ω`)

jisyuen2017_002.jpg jisyuen2017_003.jpg

子ども達が揃った後、目的地の上野までの切符を購入。
先生の補助も若干ありましたが、子ども達は自分達でしっかりと購入できていました。
成長って素晴らしいですね(=ω=)


全員が無事切符を購入した後は、出発前のお祈りをして、お見送りに来て下さった
保護者の方にいってきますの挨拶。

jisyuen2017_004.jpg

改札口を抜け、お手洗いを済ませた後はホームで待機。

jisyuen2017_005.jpg

・・・いくら天気が良かったとはいえ、駅のホームは風が通りやすく、さらに日陰。
子ども達もあたたかい恰好をしていたとはいえ、手を繋いだ時の冷たさは思い出すだけで
手の体温が抜けていく気がします

「まだかなまだかな~」と心待ちにしつつ、時間通りに到着した電車に乗り、いざ出発!!

jisyuen2017_006.jpg

子 「ねぇ~先生~?」
私 「ん~?」
子 「まだ目的地に着かないの?」
私 「出発してまだ4駅くらいしか止まってないんだけど(^-^;」

子ども達の心は、もはや電車や飛行機よりも早く目的地に着いていたようです。


電車に揺られること1時間弱。
ようやく上野に到着し、全員いることを確認した後、上野動物園に向けて出発。
「この通り道も、お花見のシーズンになったら綺麗なんだろうね~」と話していたら

jisyuen2017_007.jpg

既にが咲いていた

この桜の木1本だけの開花でしたが、まだ2月上旬だというのに
既に咲いていることにびっくりでした(゚△゚; )

綺麗な桜を背に、足早に歩き続けて

jisyuen2017_008.jpg

無事上野動物園へ到着。
早速正面入り口前にある記念撮影ポイントで全員揃ってカシャリ。

jisyuen2017_009.jpg

お手洗いと撮影を済ませた後は、動物園といえば欠かせないパンダ見学!
みんなワクワクしながら進んだ先の部屋には・・・まさかの・・・


パ ン ダ 不 在


「えぇ~・・・」とショックを受けていたら、実は外にいたようで。
パンダをを見つけた子ども達は大きな声で呼びかけます。

jisyuen2017_010.jpg

< パンダさーーーーん!!










jisyuen2017_011_1.jpg

我  関  せ  ず

さすが人気者。背中からライオンとは違う王者の風格が漂ってマス。
残念ながら起きてくれなかったので、一行は先へ進みます。

進んだ先に、パンダさんと撮影コーナーがあったのでクラス毎に撮影。

jisyuen2017_012.jpg

パンダ帽子やカチューシャ等、みんなすごく可愛らしい(ノω`*)

撮影が終わった後、他の動物を見に移動した先で再度撮影ポイントが。
「何々・・・?双子パンダと撮影・・・とな?」


jisyuen2017_013.jpg

 優 勝 (何の優勝かは永遠に不明です


素晴らしい写真を撮った後、少し進んだ先にぞうさんがいたのでぞう組さんが揃ってカシャリ。

jisyuen2017_014.jpg

・・・丁度ぞうさんもお昼だったようで、隅っこに移動しちゃっててちょっと残念。

お昼といえば、そろそろお昼ご飯の時間。
子ども達と一緒に、昼食が取れる室内へ向かいます。

途中、牛やらアルパカに見えないアルパカ、ペンギン、フラミンゴ等を見ながら
歩いていたところ、とある場所で子ども達が何か遠吠えをしてるではありませんか。

私 「何遠吠えしてるの?」
子 「おおかみ!おおかみ!」

見たら大きな狼がいるではありませんか。
せっかくなので子ども達と一緒に呼んでみましょう。「アォォォォォーーーーン!!」





jisyuen2017_015.jpg

我  関  せ  ず  Part 2

動物園の動物って無視するのが普通なんですかね?(;д;)
ちなみに、この動物は「タテガミオオカミ」という名がついていますが
実はオオカミではなく、キツネに近い仲間だそうです。キツネ可愛い。

オオカミさんを後にして、ようやく昼食場へ。

jisyuen2017_017_1.jpg jisyuen2017_018.jpg
jisyuen2017_016_1.jpg

子ども達全員のお弁当を見せてもらいましたが、どれもこれも素晴らしいの一言。
子供の名前が海苔で描かれていたり、お花の形になっていたり。
写真のキティちゃんのリボンをカニカマで作るという発想にすごくびっくり。


見た目にも楽しいお弁当が終わった後は、きりんさんと記念撮影。

jisyuen2017_019.jpg

なぜか目線をこっちに向けてくれてないな・・・とよくよく写真を見てみたら

鳩か。鳩のせいか。くるっぽ~。


撮影が終わった後は、動物園を出て科学博物館へ向かうために移動開始。
道中パンダさんの前を再度通ってみたら

jisyuen2017_020.jpg jisyuen2017_021.jpg

パンダさんが起きていて笹をむしゃむしゃ。無事パンダ組で撮影することができました>w<
ついでにデゴイチの前でもカシャリ。記念になる写真がたっぷり。

動物園を離れ、一同は国立科学博物館に到着。

jisyuen2017_022.jpg jisyuen2017_023.jpg
jisyuen2017_024.jpg jisyuen2017_025.jpg

様々な地球の歴史や化石、色々なはく製を見たり、きりんの舌と長さ勝負をしてみたり(笑)
モンテさんで作った恐竜や化石の絵を持ち、実際の化石を見つけて驚いてみたり。
様々な物を見て、もっといろいろな物を見て回りたいと思ったところですが
帰宅予定時間を過ぎてしまっていたようで。恐るべし博物館。

最後に大きなクジラの前で記念撮影をして、足早に駅へ向かいます。

jisyuen2017_026.jpg jisyuen2017_027.jpg

無事電車に乗った後は、到着までハイテンションが続いた子もいれば
流石に疲れ切ったのか寝てしまう子まで。きっといい夢を見ていたことでしょう。

jisyuen2017_028.jpg jisyuen2017_029.jpg

最寄り駅へ到着し、みんなきちんと切符を確認して改札を出ます。  )))) (´・ω・)イソイソ
最後は無事自主遠足に出かけ、何事もなく帰ってこれたことを神様に感謝して
むらさきさんの自主遠足は終了となりました。

この遠足中、動物園では子ども達に
「ここだと動物がきれいに撮れるよ!」「この動物の名前って〇〇だよ!」と
色々教えてくれたり、博物館では全体を見ているようで見ていない部分を
「ここに〇〇がある!」と教えてくれたりと、立派なお兄さんお姉さんになっていました。

こんな立派に成長した子ども達を見て、それぞれ別の小学校へ行くことになっても
きっと持ち前の明るさと光の子パワーで頑張ってくれることを願いつつ、
卒園まで残り短い期間ですが、目いっぱい楽しんで過ごしたいと思います。















--------------------------------------------------

~ 解答 ~

hanga2017_006.jpg hanga2017_008.jpg hanga2017_009.jpg

実は上記の3枚が子供による撮影です(´∀`*)ウフフ
・・・いや、綺麗な撮り具合に普段撮影してる筆者も驚きですよ、本当。

カテゴリ: 光の子保育園イベント

Trackback: --   Comment: --